好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

 周知のとおり、太田さんは、クイズの回答者として番組に出演しても、まじめには答えず、ボケる。
 ところが、クイズにまじめに答えた場面として、私が忘れられないシーンがある。
 2004年か2005年の「爆笑おすピー大問題!!」(番組名がこう変わる前だったかも)。
確かスペシャル企画で、クイズの問題は、「ウーチャカが自分の長所をどんなところだと考えているか」というもの。回答者は、太田さん、ウーチャカ、おすぎさん、ピーコさん、ゲスト。ウーチャカが、自分がフリップに書いたものと一致していると認めれば正解、ということだった。
 
 もちろん、太田さんとて、状況によっては、まじめにやるときも無いではない。「クイズミリオネア」出演時とか。
 でも、そのときのクイズでは、まじめに答えなければならない理由が私には見つからなかった。正解者には有名店の寿司がふるまわれる、ということになっていて、まともな答えを書いた太田さんにウーチャカは、「太田さん、ほんとに寿司食いてえんだな」と突っ込んだけれど、そこまで太田さんが寿司を欲していたとは思えなかった。
 
 太田さんが出した答えは、「楽天家であり、どんな環境にも対応できる」という超まじめな答えで、観覧客からも「オーッ」と声がでたほど。そして、答えを出したときの太田さんの照れたような、また誇らしげな顔。
そして、ウーチャカが書いたのは、「機嫌が悪いときがない」。結果的には、ウーチャカは太田さんのを正解にしなかったと思うが、(もちろん太田さんは文句を言った)私には、このときの太田さんは、「田中の性格は俺がいちばんよく知ってるんだ、絶対当ててやる」とばかりに真剣だったように思えてならず、いまでも忘れられない場面として覚えているのである。
 ふと考えることがいくつかある。
もし、爆笑問題のふたりが、高校時代出会っていたら、特に同じクラスだったら、どうなっていたか。
学年が違うから、ふつうはありえないけれど、ほんとにそうだったらどうなっていたか、というより、「同じクラスだったらどういう状況だったと思うかを今のふたりにトークしてほしい」。
 人気者で、日々を謳歌するウーチャカと、誰とも口をきかない太田さんがいたとして、お互いどう思っていたか・・・・・。太田さんは、「バカな奴」と、歯牙にもかけなかっただろうという気はするが、でも、大学時代に会ってすぐ親しくなったふたりだから、単にそれで終わるだろうか?
 それとも、太田さんが大学では、状況を変えようと決めて行動していたから、ふたりが引き合ったのだろうか、結局出会うときが肝心、ということになるのだろうか。

 もうひとつは、昔ルー大柴さんの司会の番組に出て、「あなたみたいにはなりたくないです」と太田さんが言って、ルー大柴さんが凍りつき、すぐCMに入った、という話はよく出てくるが、そのあとルー大柴さんとその話はしたのかな、というのが知りたい。太田さんは、この話をするとき今では、(自分が)「失礼だよな」と反省?していたし、その後、ルー大柴さんとは何度も共演しているけど、このときのこと、ルーさんは覚えているのだろうか?舛添さんに漫才をけなされて、「あんたにお笑いがわかるか」と毒づいたことは、舛添さんは、全然覚えていなかったらしいけど。

 
  珍しく、太田さんがウーチャカをほめていた。ウーチャカのことを、いつものように、けなしまくる太田さんに阿川さんが、「相手が誰でもいいと言うんなら私がやる」。
太田さんは、「いいけれど、阿川さんの場合、自分を入れたがるだろうから、喧嘩になる。」そして、「コイツにはそれがないんです。唯一、田中がすごいのはそこ。」
 こんなほめ方でも、珍しい。そして、確かに、ウーチャカがいちばんすごいところは、そこだと思う。
芸がどうの、才能がどうの、というのは恥づかしながら、ミーハーの私にはわからない。でも、あの太田さんに対して、自分を出さず、言うことを聞いて?ずっと平気でついていける人、めったにいるとは思えない。太田さんは、「何にも考えてない」「悩まない」と言うけど、そうじゃなきゃ、太田さんの相方なんかできないっていうの・・・って、もちろん太田さんはわかっているのだろうけれど。

 しかし、自分大好きのウーチャカが、自分を出さずついていく、というのは、結局は、太田さんを誰よりも尊敬しているからなのか、めんどくさいという性格が勝つのか、それとも、自分はこの人についていけば人生うまくいく、という天性の勘と実行力なのか、それとも・・・・・?

 週刊文春のウーチャカは、太っていた。いつ対談したんだろう?
  きのうは、「ニッポンの教養」100回スペシャルが放送された。私がおもしろかった回がまるで出てこなかったので、なんとなく気落ちしたが、「ニッポンの教養」といえば、2月4日号の週刊文春の阿川佐和子さんとの対談では、この番組で、ウーチャカが、太田さんの言葉を視聴者にわからせようとするのが、太田さんは気に入らないようなことを言っていた。最近別のところでも、同じようなことを言っていたような気がする。
 
 私は、太田さんはウーチャカの魅力を引き出し、光らせてくれる人で、仕事に関しては、ウーチャカは、太田さんの言うとおりやって、うまくやってきたんだろうなあ、と思っている。
太田さんの言うことを、聞いている人にわかりやすく伝えることもウーチャカの仕事なのだと、太田さん自身がウーチャカに言い聞かせてきたのだろうと考えていたのだが、違うんですね・・・・・。うーん。
// ホーム //