好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

15日「日曜サンデー」より。
「怪獣博士」と呼ばれていた・・・というのは、知ってたけど、ソフビを100体以上持っていた、と具体的数字をあげたのは初めてかな?
たくさん持ってたことは知ってたけど。
マイケル・J・フォックスの書いた「ラッキーマン」によると、彼は身長が低かったために、幼い頃妹と双子に間違えられ、「もっと大きくなることを期待されてもできない、大人の期待には沿えないんだ」と感じ、やがては他人にどう見られても関係ないと思うようになったそうだ。
ウーチャカは、末っ子だし、家族みんな身長が低かったそうだからこういう経験は無いのかもね。けっこう他人の目を気にしそうだし(笑)
「1万人が選ぶ『ゴジラ総選挙』」をやっと観たけど、途中ウーチャカが「ゴジラは体長50m、ウルトラマンは40m、子どもの頃は町を歩きながら霞が関ビルを観てゴジラはこれくらいの高さ・・・などと考えながら歩いていた」とか、「ソフビ怪獣をいくつも買ってもらったけど、ゴジラより体長が低いはずの怪獣が同じ大きさだったりして不満だった」などと熱を込めて話しており、佐野史郎さんから「相当好きですね。」と言われ、「「怪獣博士」と呼ばれてたんだもんな。」などと太田さんにまで言われていたけど、この部分は、ウーチャカの怪獣好きというより、身長(体長)へのこだわりを聞いたシーンだったと思う。
12日の「日曜サンデー」で、ウーチャカが東大生のXXCLUBの大島さんに、「俺が中学生だった頃に塾が一緒だったふくしま君っていう、超秀才、天才がいてもちろん東大に行ったんだけど、ソックリなんだ!だから初めて会った時から「この顔!」と。一番頭いい顔なんだ!」と力説。
以前「爆笑問題のニッポンの教養」だったと思うけれど、学者さんだったかに、同じこと言ってたウーチャカ。たぶん同じふく.しま君、だったと思うのだけど。そのときは太田さんも「ソックリだよな!」と同意していた。今回は太田さん、無言だったが・・。
9日の「日曜サンデー」で、爆笑問題の二人が小学生だった頃の給食は、ほとんどパンで、「白いご飯が出るっていうんで学校中大騒ぎしたことがあった。」と太田さん。
彼らより歳上の私もうなづくのだけれど、ただこの話、出るたびに「誤解を呼びそう。」と思う。なんか白いご飯そのものがぜいたくで食べられなかった時代、というふうに。家では普通に食べてたんだよね、ほとんどの家庭で。
ただ、給食には出なかったという話で。二人も「家では食べてたんだよ。」と説明するときもあるが、今回は説明しかけてたんだけど、かき消されてしまっていて、若い人に「白飯が無かった時代なのか~」と、必要以上に昔の人、と思われそうだった!
// ホーム // 次のページ >>