好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

   おととしに出たDVDまでは、約60分の漫才を途中、山中さんのニュースでぶつ切りにされてしまっていた。今回、生で観たとき、60分ぶっ続けならではのおもしろさを感じたので、ぶつ切りにはしないでほしかったが、昨年に引き続き、ぶっ続けで収めてくれていたから、嬉しかった。また、ちょっと漫才が終わったあとのふんいきなんかも入れてくれているのも、去年と同じで、よかったと思う。去年のDVDを観ていたら、「あー、ウーチャカやせてたなあ」と、今の体型がまたちょっと心配になってしまったが。

 今年のDVDでは、最初のほう、特定の女性の笑い声が目立つ気がして、気になったが、見ているうちに気にならなくなった。当日は、とくに気にならなかったから、編集するとき、この声を入れたほうが効果的と判断されたのかもしれない。

 何と言っても、昨年までと変わったのは、衣装。昨年までは、ラフな衣装だったけど、今年はスーツ。年齢を意識したのか。観覧したときは、チーフの色とネクタイの色合わせ等、けっこう、印象に残る衣装だった。

また、このDVDに限らずだが、ウーチャカは最近、つっこみの際、やたら激しく太田さんの右半身をたたくような気がする。太田社長の「田中は、寂しさをネタにぶつけている」というのはこういうことなのだろうか(そんなわけない)。

 私の好きなネタは、さだまさしの「防人の詩」になってしまうやつと、「ロールとキャベツ」かな。

 
  このDVDの収録、幸運なことに観覧できた。(12月26日(土))爆笑問題を生で初めて見た日だった。生で見ないで、妄想(?!)の中のウーチャカを楽しんでいようと思っていたのだが、ファンクラブに入ったら、観覧招待が当たってしまったのだ。(嬉しいけど)
 
 その後、「カーボーイ」や週刊文春で、当日は、ふんいきがよく、やりやすかった、と盛んにふたりが言ってくれていたので、そこに参加できて、最高に嬉しかった。確かに全体的に「素直に楽しもう」というふんいきで、私も楽しめたが、何しろ初めてだったから、他の日と比較することもできず、ただ、テレビで観るよりおもしろかった、生で聴くとやっぱり違うのかな、と思っていた。60分ぶっ続けのふたりの漫才を生で観ることができるという機会もそう無いだろうから、貴重な体験でした。

  あと、5番6番。いままで正直言って、漫才をちゃんと見たことはないのだけれど、前説、とてもおもしろく、良かった。こんなにおもしろいのに、なかなか芽が出ないのだから、メジャーになるって、ほんと大変なんだなあと感じた。彼らも、私の知っている限りでも、「吉田照美のやる気MANMAN」とか、和田アキコさんの番組、めざましテレビなどで、チャンスがあったように思うのですが、生かすことができなかったのか・・・・・。


   昨日の、NHK「スタジオパークからこんにちは」。
 これだけ長時間、ウーチャカひとりのトークが聴けると、そりゃあ、こまかい情報がいっぱい入ってきて、しかも、きのうは、週刊文春の阿川佐和子さんとの対談も読んだものだから、おなかいっぱいって感じで幸せ。今日は、まだ観ていないけど、注文していた「ツーショット2010年度版」も届いたし。

 ウーチャカが朝食を作っているという話に、感動。「ごはんも炊けない」、「ステーキもうまく焼けなかった」情報みたいなのばっかり聞いてたから。「野菜も食べるようにしている」「走っている」・・・ああ、心配していたことにズバリ答えてくれて、また感動。

 「新・三銃士」の語りの話では、三谷さんがウーチャカを選んだ理由。今まで、「人形っぽいから」などと三谷さんは答えていたが、「何か、はっきり答えてくれないなあ、まさかほんとは、ほかに本命がいて、断られて、ウーチャカになったんじゃあ・・・・・!」なんて、逆に悪いほうに考えて心配していた私。でも、「おとなとこどものあいだにいる」「人間と人形のあいだにいる」から、というのは、妙に納得。
 こどもだけに向けた人形劇ではないと思うし、唯一ウーチャカだけが、人形といっしょに番組に登場したし、そういうイメージの人が良いのは、確かに。
 それに、やたらNHKが、この「三谷さんは、なぜウーチャカを・・・」という話題を出したがる気もするので、他に本命がいた説は、否定できそうで、ホッとした。(ひとり相撲)
 「ウーチャカの声は、坂本九をほうふつとさせる」というのは、新情報だった。

 


  22日に、「太田さんは、肉体を使ったちょっかいを、ウーチャカ以外の人にも出すのか?」と書いたけど、きのう、2003年2月4日の「カーボーイ」を聴いていたら、ゲストが元キリングセンスの萩原 正人さんで、「太田さんが、ヨーヨーを俺の顔の前すれすれで止めるのを、何回もやる」と嘆いていた。
 やってたな、ウーチャカ以外にも。きっと、忘れてるだけで、ほかにもあるんだろう。
  雑誌「ビッグトゥモロウ」3月号に爆笑問題の記事。
巻頭の2ページだけの記事だし、二人の対談形式とはいえ、しゃべったそのままじゃなくて、再構成したのかな、と思える記事なんだけれど、内容が、サラリーマン向けというか(ビッグトゥモロウだからなあ・・・)、ウーチャカが、「いやだなと思う仕事も、不思議とおもしろかったりすることもありますよ」みたいなことを言っていたから、仕事嫌いのサラリーおばさんとしては、思わず買ってしまった・・・・・。
 
 以前、太田さんは、「僕の頭の中には、いつもサラリーマンがひとりいる」と言っていた。そのサラリーマンを笑わせようとしている、みたいなことだった。思いつきで言ったのかもしれないけど、確かに二人は、仕事に疲れて、テレビのスイッチを入れる、普通の人を笑わせてくれるように感じる。太田さんもよく言っているけど、「わかりにくい笑い」じゃない。
 いずれにしても、2人(特にウーチャカ(笑))を観ていて、あるいは聴いていて、そのあいだだけ嫌なことを忘れて笑ってる、なんてことがある。2人に限らず、そういうことができる人たちは、すごいな、と思う。

// ホーム // 次のページ >>