ファンである田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカのファン。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

 
 今日の「日曜サンデー」の「27人の証言」は、「久世 光彦さん」がテーマ。
今日の話だと、久世さんと会ったのは、「爆笑問題のススメ」で向田邦子がテーマだったとき1回きりだったという。そのとき、太田さんは、自分なりの向田邦子論を、「僕の考えでは」という但し書き付きで延々と話していたら、最後に久世さんに、「全部正しいから、僕の考えでは、と今後一切言うな」と言われたとのこと。

 また、この話は、今日は出なかったが、爆笑問題が、第56回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞するにあたって、選考委員久世さんの推薦が、大きかった、という話が、「カーボーイ」や「検索ちゃん」で、出ていた。

 私も、文部科学大臣賞受賞の少し前に、久世さんが「爆笑問題のススメ」に出たのを観ていたから、この話を聞いたとき、「ああ、「爆笑問題のススメ」で会ったときの印象が良かったんだな」とは思った。しかし、太田光、ではなく、爆笑問題、を推薦してくれたということは、そのときの太田さんの向田邦子についての分析?に関心しただけでなく、ウーチャカのことも認めてくれているのだ、と嬉しく感じた。

 厳しい人だから、ほんとに太田さんだけを評価しているなら、ウーチャカは推薦しなかったと思う。また、今日の、カノックスの三浦寛二さんの証言では、久世さんは、コメディをやりたくて、爆笑問題ともコメディをやりたかったと思う、ということで、やはりウーチャカを含めた爆笑問題を評価してくれていたのだな、と思いたい。
 「新・三銃士」2月26日放送分の語り。後半、ダルタニアンがミレディの誘惑に屈しようとしていうところ、「ああ、なんてことでしょうか」という語りの「ああ」の言い方が良かったっ!色気を感じたよ。

 そんな良いことと逆に、とても悲しいこと。「ニッポンの教養 100回スペシャル」の完全版の放送時間が、昨日になって、急に変更されていたなんて!ひどすぎる。前に放送されたのは、もちろん観たけれど、何か消化できない部分があったので、完全版を観てからそのことをブログに書こうと思っていたのに。
 ただ、前半の部分のみ録画できていて、それを観ると、増えているのは、ほとんど過去の放送部分のように思えたので、私が今一度考えようとしている「田中力」についての部分は、そう増えてないのでは?と予想し、一生懸命自分を慰めている。

 「田中力」については、前々から伊集院さんが「田中力」ということばは使っていないものの、何度か言及しているんだけれど、私、伊集院さんは、太田さんのことは大尊敬していることは有名だけど、ウーチャカのことは、どちらかといえばマイナス評価なんじゃないの?という見方をずっとしている。それに、力みなく生きている、といった意味の「田中力」だとしたら、そのこと自体が疑問に思うところもあって・・・・・。

 いつか、このことは、ブログに書くつもりなのだけれど、これを書く前に、過去のラジオなど、いろいろ聴き直し、見直しをしたいので、先になりそう。

「見送って 内鍵閉めるの しばし待ち」
数カ月前「笑っていいとも 増刊号」の放送で、ウーチャカがつくっていた川柳。ちなみにつくっていたのは、離婚後。
これ、私も同じことやってるから、「ウーチャカも!」と。なのに、離婚か・・・・・。
 漫才やるとき、「笑っていいとも」なんかでスタジオに出てくるとき、彼らはふたりとも、飛び出してくる。走ってくる。
「爆笑問題のバク天」のとき、特に元気よく舞台そでから飛び出して来た印象。
最近、漫才のときは、そんなに「走ってる」って感じじゃないけど、「笑っていいとも」では、勢いよすぎるくらい走り出て来て、次に出てくるおすぎとピーコさんが、いつも間をあけて、出て来る。
走り出てくるのは、いつからなのかな、デビュー当時から?太田さんの考えなのかなあ。とってもいい。
 やったね、やっぱり2月22日の話と、おまけに猫の日の話も「カーボーイ」でしていた。太田さんは、途中でウーチャカの話を打ち切ったけど、やっぱり、何だかんだいっても、太田さん、やさしくなったんじゃない?

 だって・・・・・・。きのう聴いていた2003年4月15日の「カーボーイ」。ウーチャカが、自分と太田さんの服の趣味が似ているところもある、という話を始めてたら、太田さん、急に「このあいださ」と、ウーチャカの話を無視。「何だよ、全然聞いてねえ」と言うウーチャカに、「だって、つまんなそうなんだよ、何にも先が無いな、ってわかるんだよ、おまえの話」と、お説教の始まり。

 一方、昨日は、平成22年2月22日に、中西マネージャーが、セブンイレブンで買い物をしたら、計2,222円で、レシートの写真を撮った、という話の途中で、太田さんは、マイルドセブンのパッケージが変わったという話を始めた。でも、「おまえの話はつまらない」といった類の攻撃は無かった。
それに、しばらく経ってから、太田さんのほうから、「何で2,222円になったか知ってます?」と、話を戻していた。ウーチャカが、「肉まんを買ったから」と答えると、太田さんが、「あんまんです。いつも買わないあんまんを買ったんです。惜しかったですね、肉まんて」。中西さんは、太田さんのお買い物をしてた、ということなんでしょうが、いいなあ、のどかで。
けっこう、大物になったふたりだと思うけど、肉まんを買ったから2,222円になっただの、あんまんだ、だの、これからものどかにやってください。

 そのあとの、平成22年2月22日に天変地異が起きると言われてた、言われてないの話になってからは、なんかウーチャカのほうが太田さんに強気に意見?してたのが、ちょっとビクビクしてしまった(笑)。太田さんが黙っちゃうんだもの!太田さん、2003年に比べると、ほんと、温和になった。心配になるくらい。
// ホーム // 次のページ >>