好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

  PK戦の前に「延長戦」というものがあったんですね・・・・。いつものように、いったん寝て、1時に起きてみると、まだサッカーをやっていて、延長戦のあとに、PK戦で、結局2時になって、やっと「カーボーイ」がTBSでは、始まった。
 先週に続いてちゃんと山崎樹範 さんが来ていた。以前の名倉さんもそうだけれど、2週も続けて放送中ほとんど出ずっぱり、が許される人って、本当に面白い人だと思う。もちろん、私も、楽しめました。ただ、「許される」などと書いたけど、今山崎さんのブログをのぞいてみたら、お芝居の稽古、大変そうで、無理して出てくれたのかと、ちょっとかわいそうな気もしたが。

 きのうの放送で気になったのは、来週も生放送なのだが、ウーチャカの仕事の都合らしい、ということ。今思い出す限りだと、通常はこのラジオを録音している時間に仕事が入る時って、大物と一緒の番組など、「ほかの時間に動かせない大きな仕事」が多い気がするから。先週も、談志さんとたけしさんの対談に太田さんが立ち会った、という理由だったのだし・・・・・。
  27日の日曜日、ウーチャカ、また鼻声だったなあ、今日の生放送、だいじょうぶかなあ・・・・・。

 今日は、ワールドカップ放送のため、「カーボーイ」が生放送だとか。まったくわからないが、PK戦とかがあったら、放送時間が短くなるのだろうか。それは、いやだ。
 22日の「カーボーイ」で、太田さんが、ウーチャカの突っ込み間違いを説教。
確かに20日の「日曜サンデー」でそんなくだりがあったが、太田さんが「ダンスカズ」とボケたのに対して、ウーチャカは、「カズダンスだろ」と。それが突っ込み間違いである、と怒る太田さん。
 正解は、「キングカズだろ」であったらしい。私もピンとこなかったが、太田さんによれば、お笑いの人でなければそれでいいらしい、「僕のボケっていうのを理解してるよね、20年以上やっていて!」ということなので、ウーチャカは、許されないということだそうだ。
 しかも、前に同じボケを「雑学王」でやって、土田さんは「キングカズだろ」と突っ込んでくれたらしい。
 そんな、説教されたウーチャカだが、「・・・理解してるよね、20年以上やっていて!」と言われても、笑いつつ「わかんない」。今でも別に納得したわけではないらしい。

ウーチャカ「だって、おまえ、逆に言うのもよくやるじゃん、・・・山田優のことを、さんざん優山田つってたんだよ・・・だから、たとえば、俺がな、「優山田、逆だろう、山田優だろ」は合ってるわけだろ、それをおまえが「(正しい突っ込みは)ロミ山田だよ!」って(言うようなものだ)、俺にしてみりゃ」

 気のせいか、やっぱり、最近のウーチャカ、こういうときでも以前のように弱気に対抗して、すぐまた言い負かされちゃったり、「まあね」「すみません(と謝るのは、放送のときだけらしいけど)」「うーん」で、終わらせず、けっこう強く言い返すんですよね・・・・・。
 そして、太田さんの説教もどことなくソフトなんです・・・・・。
 15日深夜の「カーボーイ」で、太田さんが、談志さんとたけしさんの対談について行ったというか、見学したという話。6日の「日曜サンデー」でも、3人で食事をした話をしていたけれど、つくづく思ったのは、今さらだけれど、ウーチャカの心境。
 映画「アマデウス」で描かれたモーツァルトに対するサリエリではないが、人間て、自分よりずっと才能がある人間だとわかっていても、認めたくない、自分だって勝ってるところがある、あるいは陥れてやりたい、と思ったり、妬んでみたり、そばにいれば抑えきれない嫉妬、のようなものがあるのではないか、と凡人たる私は想像してしまうのだ。
 「ウーチャカは、太田さんの才能や、それによって、得られる今回の食事会のような恩恵に嫉妬したことは無いのですか?」
 こんなストレートな質問をしてみたくなる。        
 ウーチャカに興味があるから、だけでなく、ウーチャカがまじめに答えてくれれば、生きていくうえでその答えが何かのヒントになるような気がするから。
 太田さんの苦労や努力を間近で見ているから、そういう気持ちにはならないのだろうか。でも、そううまく、理屈で割り切れるもの?
 
  昨日書いた、「50歳まで何をやってもいい」の話のとき、談志さんが、「人間を変えるのは、刑務所か大病か手痛い失恋」と言っていた。
すぐに私が思ったのは、ウーチャカのことだ。大病と手痛い失恋。どっちも、太田さんは経験していないことかも。それに、比較的若いときの親の死、というのもウーチャカは経験しているが、太田さんは経験していないことか。
 「こいつは何を経験しても、変わらない(成長しない)」と、太田さんなら言いそうだが、いやいや、談志師匠ではないが、(談志さんは「おまえ、良くなった」とけっこう何度もウーチャカのことを、最近言ってくれるのです)ウーチャカはやっぱり、大きくなっているよ。
// ホーム // 次のページ >>