好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

  思わぬところでウーチャカの話題が出ると、当然嬉しい。昨日、録音していた28日放送の「キラ☆キラ」を聴いていたら、吉田豪さんのコーナーで太田社長を取り上げていた。このコーナーで太田社長を取り上げるのは2度目だから、そう驚くことではないのだけれど、今回はけっこうウーチャカの話題が出てきて、ニコニコ、であった。
 この頃吉田豪さんと太田社長は、なぜか距離が近くなっているよう。このコーナーでは、吉田豪さんが、太田社長のTwitterを読んで、「萌え」と言ってくれたりするので、最近太田(光)さんに相手にされなくて寂しがっている社長が、吉田豪さんをかわいがっているのだ、というようなことになっていた。それもあるだろうけれど、太田社長のことだから、ビジネス上、何か考えているのでは?とつい思ってしまう。
  さて、かんじんの、ウーチャカの話が出てきた部分。
最近、ウーチャカに「みっちゃん、もうちょっと効率のいいスケジューリングのしかたはないの」と言われたそうで、太田社長は、いつものように「あの田中にですよ」と怒っていたという。なんでも、オフの日の夕方に取材を入れていて、その日の夜ウーチャカが友人の役者(山崎樹範さん?水嶋ヒロさん?)と会うのを知っていたのに、ということのよう。社長としては、その取材は、「ねこのきもち」で、そのあと友人と会ったときにもその話で盛り上がれるし、と思って入れたらしい。そこで、事務所にいたウーチャカに「おまえ、ふざけんなよ」と。ウーチャカは、「みっちゃん、俺わがままなことなんか言ったこと無いじゃん」と言っていたらしいけれど、「田中に効率とか言われると腹がたつ、殺してやるー 」と。(笑)
 また、このブログにも書いたけれど、「田中と結婚する」と言って、太田さんに「どうぞ」と言われたときの話。そのときのウーチャカは、どんな顔していたのだろう、とい書いたが、やはり慣れたもので、「わかった、わかった、みっちゃん、もう寝て」だったそうだ。
 そしてそして、そんなこんなでいろいろな話をしていくうち、この日のレギュラーのピエール瀧さんが、「この話を聞けば聞くほど、田中さんて偉いなあ(笑)」。
 小島さん「ねえ、ほんとに田中さんは・・・」
 吉田さん「偉いですよね」 
 瀧さん「偉いよね」
 吉田さん「両者の調整役っていうか」
 瀧さん「この中でトライアングルのひとつをちゃんと担ってるわけでしょ」
 吉田さん「いるからバランス保ってる」
 小島さん「そうですよね、すごく大きい存在ですよね、田中さんて」
ウーチャカが誉められるのなら、何でもいい(笑)のだが、確かに2人のあいだにずっと居られるのは、ウーチャカのもって生まれた性格のなせるわざなのだろうな、これは。
最近ブロスなんかでも強調されている「田中は普通」(=もちろん、普通ではなく、普通を強調するウーチャカの態度)は、持って生まれたものではないと私は、思うけれど。
 そのほか、最近文庫化された「奥さまは社長」、以前単行本で読んだので、あまり興味がなかったのだけれど、追加されている部分があって、そこでもけっこう夫婦の危機的な話が書かれているらしい。夫婦の危機=ウーチャカの危機なので、確認のため、買うかなあ・・・・・。
  最近あまりテレビを観ない私の感想にすぎないけれど、「パニックフェイス」、作る人の情熱が感じられて面白いように思う。「雑学王」と同じく。前に放送された分でも、ある町や村の住民に協力してもらって、そこに来るタレントをだますものなどは、よかった。
今回も、「芸人を辞める」と嘘の相談をもちかけられるドッキリはよくありそうだけれど、これから「芸人を辞める」という相談をもちかけてきますが、ドッキリですから、と相談をもちかけられるほうにあらかじめ言っておくが、そのことがドッキリであるという設定、というのはおもしろい。相談をもちかけられるほうの人は、余裕があるためか、やたらかっこいいことばを連発する。
もっとも、これって、だまされるほうの人は、「相談してくるけど、ドッキリですから」と、「やらせをします」ともちかけられてる、ってこと?ですよねえ・・・・・。だとしたら、平然と受ける様子を見ていると、ドッキリって、やはりやらせがけっこうあるということ?という部分にはちょっとひっかかるものがあるけれど。
 元ボクシングチャンピオンの輪島功一、具志堅用高、竹原慎二がドッキリを考え、実行する、結果ぐちゃぐちゃ、というか意味がわからない、というのも他にないアイデアだった。
 あまり視聴率がよくなかったらしいけれど、じわじわでもがんばってほしい。毎週ドッキリって、難しいのでは?と思ったけれど、昔は毎週やっていたような。
 「雑学王」がここ最近、「検索ちゃん」化しつつあるのも、いい。
とにかくウーチャカの出る番組には、健闘してもらわねば!
  なぜかふいに思い出すことってある。
今日は、紳助竜介の竜介さんが亡くなった直後の「サンデージャポン」のことを思い出した。このニュースが流れた後、爆笑問題の2人は感想を求められ、太田さんは、「そうなってみないとわからないけど・・・」と言いつつも、紳助さんは竜介さんが亡くなった後、すぐに「オールスター感謝祭」に出ていた、すごいなと思った、と神妙に語っていた。このときの様子は録画を残していないから、細部までは覚えていないけれど、このようなことを言っていたのは確かだ。もちろん、ギャグを言えるようなふんいきではなかった。
 つまり、太田さんは、ウーチャカにもしものことがあったら、とても紳助さんのように、長時間の生番組に出られるような精神状態ではいられない、らしい。このように、たまーにじーんとするような本音をちらりと言ってくれるから、悪態つかれても、なんとか許せるよ、ウーチャカファンとしても。
  26日放送の「カーボーイ」より。前々から、太田さんが若い頃、白石加代子さんの芝居を観に行って、いちばん前の席で白石さんとにらめっこするような形で変な顔をしつづけた、という話は何度か聴いた。
このほど、ウーチャカが白石さんとドラマで共演することになり、白石さんはこのことを憶えているだろうか、憶えていたら謝ってほしいとの太田さんの依頼を受け、ウーチャカは白石さんに尋ねたという。
すると、白石さん本人は憶えていないどころか、気づいていなかったけれど、演出家、ほかの俳優などは気がついていて、語り草になっているということだった。そのとき、太田さんは、つまみ出してやろうか、迷われていたらしい。
 ウーチャカがちらっと語ったところによると、白石さんは、「ガール度が高い」らしい(笑)。明るくて、優しいらしい。良かった。もしそうでなかったら、太田さんの昔の非常識な行動に怒り、「あんな人とコンビ組んでる人と親子役で共演なんて、イヤよ!」と断られて、またとないチャンスを逃したかも。
今読んでいる吉行和子さんの「ひとり語り」という本にも白石加代子さんのことが書いてある。こんなベテラン女優さんと近い役で共演するウーチャカ、まだまだ進化していくであろう!
  26日夜放送の「カーボーイ」。太田さんの、「Q10」でのウーチャカ演技のダメ出し、演技指導に拍車がかかる。公に演技をこれだけ細かく指導するのは、初めて聴いたなあ。それにしても、よく観ている。太田さんの監督する映画に大きな役で出すための布石と思いたい。
 それにしても、コンビを組んで以来、こうやって、太田さんはウーチャカにダメ出し、指導をし続け、ウーチャカはそれに応えてきたのだろうか。2人は、ふだんの練習やリハーサルをほとんど見せないから、わからなかったけれど、最近の5番6番への指導の話やラジオでの演技指導を聴くと、そんなことを想像する。
そういえば、17日放送の「日曜サンデー」では、江藤アナに「カレー漫画」の朗読指導をやっていた。やはり、映画監督のための訓練か?
// ホーム // 次のページ >>