好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

  たまに頭にくる(笑)マネージャーカゴさんのTwitter。今日読んでいたら、なんかウーチャカの鼻声がひどくなっているようで、心配。
  「日曜サンデー」のうまのり、ウーチャカの予想はまったく当たらないのだけれど、穴を狙った馬連1点では当たるわけもないのだ。もうちょっと穴を狙わないところ、たとえば昨日のジャパンカップなど、大本命のブエナビスタを軸に1点だったら、710円だけれど、当たっていたわけだ。7100円。
あくまでも「当たったら大きい夢馬券」がコンセプトなのかもしれないけれど、あまりにも当たらな過ぎておもしろくないのでは?
 でも、聴いているだいたいの人は、私と違って、ウーチャカだけに注目しているわけではないから、太田さんや竹内アナ、江藤アナがたまに当たればそれなりにおもしろいのか。私は、おもしろくない(笑)
そろそろ「ウーチャカ、すごい!!!」とならないものだろうか・・・。
  ウーチャカ「ほんと、厳しいよね、他人の咳には。おまえのほうが咳多いから。全体通して」
太田「俺本番中、咳しないから」
ウーチャカ「してますよ」
今日の「日曜サンデー」、まだ鼻声のウーチャカが咳をしたことから、咳騒動。
竹内アナが、「どっちのほうが咳多いとか・・・おまえの咳とか俺の咳とか…どっちだっていいじゃん(笑)・・・おとなげない方たち・・・」
と、普通の大人の指摘をしているのに、こういう指摘は常に無視して、言い争いを続けるふたり。まあ、じゃれあいたいんだな、今日も。
  品川庄司の品川さんの11月25日のブログで、雑学王がらみで太田さん、品川さん、オリエンタルラジオの中田さんがしゃぶしゃぶを食べに言ったそう。そこにボキャブラ天国のときの芸人、そして、ウーチャカも加わったそう。一瞬、珍しい・・・と思ったけれど、よくよく考えてみると、ウーチャカが誰か有名人と太田さん抜きで食事に行った話はあっても、太田さんがウーチャカ抜きで仕事がらみでなく有名人と食事に行った、って話は聞いたことないか。
 「日曜サンデー」を引き受けたときの伊集院さんとの食事とか、談志さんとたけしさんとの食事とかは、また別物ですもんね・・・・・。しかし、品川さんの文脈だと、誰がウーチャカを誘ったのか、わからない。ボキャブラのときのメンバーは、ウーチャカが誘ったのかなあ、という気がするけれど。
 そしてこの話、25日のブログに書かれているのだけれど、24日の話なのかな?ウーチャカ、23日の夜、まだまだ鼻声だったのに、まあタフですね。それに、いいのかな、DVDのネタが間に合わないとか言っていたけれど(笑)
  今読んでいる2冊の本に、たまたま身長に関する記述が出てきた。
 1冊は、姫野カオルコ著の小説「ああ正妻」で、身長だの顔にこだわる女は、劣等、だそうである。優等、な女は、経済力があって、妻子を充分養えることを第一に考えるという。身長にこだわる女性は、かなり多いように見受けられるけれど・・・・・。だが、女にとって身長は本能的に力を象徴するものだから、背の低い男は悩み、チビな男が歴史を塗り替えてきた、という。
 2冊目は、串間努著「少年少女通販広告博覧会」。「背が伸びる」というふれこみの器具の通販広告は、昭和40年代くらいまでは、よく雑誌に載っていた。「筋肉をつける」など、ほかにも、いろいろ効果を謳う通販広告があった中、「背が低い」というのは、子どもにとっては、かなり深刻な悩みだったのでは、とある。
以前は「背が低い=栄養不足」といったイメージも時代背景的にあったようだから、今以上に悩みは深かったよう。
 これらの機械は、医学的には効果を証明できないと言っていいけれど、少年誌のこういった広告を見ながら、悩みが自分だけではない、と励まされるという効果はあったのでは?という著者の主張にはうなづけた。ウーチャカも、こういう広告を読んで何かしら思い、あるいは買ってみたい(買った?)と思ったりしたのだろうか。
 
// ホーム // 次のページ >>