好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

  11日放送の「徹子の部屋」には、太田さんがピンで出演。太田さんがピンで出演している番組を観て、初めて面白かった、と思った。たぶん、これは相手の問題だと思う。
 普通だと、太田さんがボケても、相手がまずボケだと気づかないか、気づいてもどうしていいかわからない、という状況になる。これは、久米宏さんみたいな人が相手でもそうで、物足りない。相手が上手い人でも、太田さんに慣れていなかったり、よく知らなかったりすると、うまくボケを拾えない。
 黒柳さんについても、いままで「徹子の部屋」を観ていた限りでは、太田さんピンのときだけでなく、ウーチャカと2人で出ても、なんか消化不良の印象が残った。
 しかし、ここに来て、「日曜サンデー」の「赤坂応接間」にゲストとして来たり、「キズナ食堂」で毎週共演したりして、黒柳さんが2人に慣れたのだと思う。だから、今回は、太田さんがボケたときの返しがおもしろかった。
 また、それとは別の話でつくづく思うのは、長くトップクラスでやっていないと、なかなかこういう大物の人たちは本当には認めてくれないんだな、ということ。
 たとえば、黒柳さんにしろ、ウーチャカは、最初の頃黒柳さんに、「ザ・ベストテン」のある週で、ベストテンの10曲を全部当てたことがあると自慢したとき、「それがどうしたの?」と言われたそう。あのキャラクターだから、無邪気にそう言われたのだと思うが、これがここ数年で、変わってくる。
 2009年4月26日、TBSラジオの「ザ・ベストテン」の放送30周年記念番組にウーチャカが出たとき、黒柳さんは、そんなことを言っちゃったらしい、というように自らそのエピソードを語り、番組中ベストテンの思い出を話すウーチャカの記憶の良さに感心していた。
 「気を許すようになった」感じなのだ。
 これは、「日曜サンデー」のゲストに多くの大物さんたちがやってくるのを聴いていてもよく思うことなのだ。
長年トップクラスでやっていることに加えて、2006年の芸術選奨文部科学大臣賞放送部門受賞 も大きかったように感じる。
 この受賞のあと、事務所にいろいろな大物から花が届いた、と「カーボーイ」で話していた記憶があり、受賞のあと、2人が大きなステップを登った感じを受けたシーンが多かったのを思い出す。具体的にどんなできごとでそう感じたのか、序々に思い出して、ここに書きたいのだけれど。
 しかし、いかに黒柳さんが慣れたとはいえ、言うまでもなく、太田さんはやはり、ウーチャカがそばにいるときにこそ思いきり、やりたい放題にボケられるんだろうな、と改めて思うのであった。
// ホーム //