好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

 ラジオでは話が出ておらず、忘れそうな話題なので、書き留めておく。
26日の水曜日は、ウーチャカの家にアンジャッシュ児島さん、ネプチューン堀内さん、ロンドンブーツ1号2号の亮さん、インパルス板倉さん、ノンスタイル井上さん、ピースの綾部さん、と品川庄司の品川さんが集まり、品川さんの手料理を食べたもよう。しかし、以前「カーボーイ」でちらりとウーチャカが言っていたけれど、こういうとき、ほんとにきれいにコンビやグループからひとりづつ、の参加なんですね。
 ウーチャカのことを「高城剛さんとキモい仲間」などとまた毒づいている太田さんに、「田中さんはキモくないですよ!」と力説してくれる外山恵理さんに、それだけでまた大好きになってしまう私。
でも、外山恵理さんとの「日曜サンデー」、やっぱりおもしろくて、5週目だけでは惜しい。
 やっと観られた。
  途中ウーチャカが「腕っぷし」を「腕っぷち」と言ってしまうと、太田さんが珍しくかばったこと、腕をマイクにぶつけてしまったウーチャカが、「自分の腕が思ったより長かった」などと言って、ちょっとネタを中断してふたりであれこれ言ったあと、これまた珍しく「長いといえばレッドカーペットで・・・」と元のネタにウーチャカでなく太田さんが戻していたことが印象的だった。
 漫才そのものは、太田さんが途中何度もひとりごとで反省してウーチャカに突っ込まれたりしていて、あまり本調子では無かったかもしれない。今回は終わったあと太田さんが飛びあがっていなかったので、飛び上がった時って、案外調子の良かったときなのかな、などと思った。
   24日放送。これは、ウーチャカの話が出てきそうな匂いぷんぷんなので、観た。いちばん印象的だったのは、「世界で一番受けたい授業スペシャル」で有名な、太田さんの番組かき回しの話の中で、収録のあいまにいろんな人にウーチャカが、「ごめんね、すみません」と太田さんの暴挙を謝るんだけれど、どこか誇らしげだという話。これは、太田さんも聞いていて嬉しかったのでは?
そう、結局ウーチャカも太田さんと同じメンタリティというか、太田さんがかき回したりギリギリの毒舌を吐くのが実は面白くてたまらない、収録が長くなるのも、それほど嫌ではないのでしょう。それでなきゃ、長続きするはずないし。改めて、とにかくウーチャカは、太田さんの一番の信俸者だなあと、悔しいような、ホッとするような話。  
    それと、この番組、ウーチャカを呼ばなかったのは正解だと思った。これは、たまにはウーチャカ以外の突っ込みを、ほかの突っ込み芸人にやってもらって堪能する企画としておもしろかった。ウーチャカに対するのと真反対に、太田さんは終始弱い立場?だし。たまにやるとおもしろい企画だと思った。常に太田さんに突っ込む役割は、ウーチャカ以外あり得ないけれど。
  先週11日の「カーボーイ」で太田さんは46歳になったウーチャカに対し、「おじいさんですね」だの「もう終わってますよ、人生」「50だもん、だって46つったら。もうほぼ50」「ほぼ還暦ですよ」だの言い、ウーチャカは否定していたけれど、これってまさに昨年の誕生日にウーチャカが自分で言っていたようなことなので、2人の息の合ったところにまた感心(笑)。
このブログにも書いたけれど、昨年の1月12日「カーボーイ」でウーチャカは自分で、「45歳はおじいさんに近い、死にますよね、昔だったら」と、今年太田さんが言っていたのと同じようなことを言っていたのだ。気が合うね、1年遅れとはいえ。
 それにしても、今年も太田さんの分まで誕生日の話題満載だったこの時期、でした。
// ホーム // 次のページ >>