ファンである田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカのファン。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

 4月23日放送の「お願い!ランキングGOLD」。今頃観た。
ウーチャカの、食べものに関する名言?は、もちろん数々あるわけだが、今日初めて聞いたのは、「オレンジジャムは、相当なものに合う」。共演していたウエンツさんによれば、もともとウーチャカは、オレンジジャムがかなり好きらしいのだけれど、知らなかった。覚えておこう。
で、この回の放送で「ちょい足し」として紹介されたのが、なか卯のカツ丼にマーマレードを足したもので、ウーチャカはこの名言を紹介しつつ、最初から、「絶対うまい」と断言し、ほかの人も、始めは疑いをもっていたけれど、食べてみると、太田さんにさえ、なかなかの評判だった。
 とは言え、実は、ウーチャカの「栗はどんなものにでも合う」というのは、いまひとつ私にはピンとこないし、前にも書いたけれど、ウーチャカがおいしいと言うお菓子なども、特においしいと思わないことが多いのだけれど・・・・・。
  26日の「カーボーイ」では、気のせいかウーチャカ、怒っているような、強い物言いが目立ったような。
その主張の内容とは、ネネちゃん、チーちゃんには人間の食べ物の残りとかおすそ分けはあげてなくて、キャットフードしかあげてない、ということと、カーボーイなどにネタを送る際やテレビの爆笑問題の番組で再現ビデオなどをつくる際、登場人物の名前を何の意味もなく「田中」にするな、ということ。ありふれた名前だからといって「田中」を使われると、何か意味があるのかと思うし、意味が無いとわかるといかにも「田中」なんてありふれた名字だと強調されているようで嫌だそうだ。いつになく強い調子に感じられたのだけれど、虫の居所が悪かったのか、それともこの2つはそんなに前々から主張したかったことなのだろうか・・・・・?
  前々から気になりながら読めていなかった中田有紀さんという方の書いた「AKI-BEYA」という本。猫の本なのだけれど、猫仲間として、ウーチャカとの対談が載っているのだ。やっと今日読めたものの、この方、なんと元奥さんの旧友だそう。もちろん出版されたのは、離婚前。10ページにわたって、ウーチャカや猫の写真と対談が載っているのは嬉しいが、なんとも複雑・・・・・。
 「マボロシの鳥」の批評の内容が気に入らないらしく、太田さんが盛んにラジオで毒舌を吐いている相手、豊崎由美さん。太田さんが最初に豊崎さんの批評に触れたとき、私は意外だった。豊崎さんは、彼らと面識があると思っていたのに、太田さんの話では顔さえ知らない様子だったからである。
だいぶ前の「鳩よ!」という、今はもう無い雑誌の爆笑問題の特集に、豊崎さんが数ページにもわたる文章を寄せて、彼らと面識があるような内容だったように記憶していた。なぜ覚えているかというと、ウーチャカを誉めた文章だったからだ。手元に無いのでなかなか確かめられなかったのだけれど、図書館で借りてみた。 2001年2月号である。
 確かに豊崎さんの文章は2ページにわたって載っていたけれど、内容を読むと、別に爆笑問題と面識があるわけではなく、彼らのステージを生でよく見ていた、ということだった。タイトルは、「田中裕二の豹変ぶりに拍手!」。
 豊崎さんが生で観ていた頃は、「抜き身の日本刀のような」太田さんに感嘆しながらも、ウーチャカとのバランスの悪さを感じ、「このままじゃあテレビというお茶の間には受け入れてもらえないだろうな」と思っていたとのこと。ウーチャカの成長によってお茶の間に受け入れられるようになった、という内容。「太田くんは相方を変えない限り、上には行けない」と思っていたことをウーチャカに深く謝罪しなければ、と書いている。
でも、ウーチャカのファンである私だけれど、昨今の太田さんやウーチャカの発言を思い出しつつ、あらためてこの文章読んでつくづく思ったのは、「ウーチャカも偉いけど、太田さんはすごい」ということ。「かつて、太田の抜き身の日本刀ぶりに困惑するだけだった田中が、いまやそれを包む真綿になっている。」「過激を嫌うお茶の間の皆さんでも理解可能な太田へと変質させる話芸をさりげなくこなしているのだ」という批評は、伊集院光さんの「ウーチャカは刀の鞘」コメントを何年も先に表現しているとも言えるウーチャカファンとして嬉しい批評だけれど、これ、全部、まず「太田さんの手柄」なんだよね。
太田さんがウーチャカに全身全霊でつきあい、爆笑問題として進むべき方向を示し、教え込んできた成果、なんだと思う。ついてきたウーチャカも並じゃないとはいえ、太田さんのしぶとさ、根気のよさに脱帽、なのだ。
 「カーボーイ」を聴いていると太田さんは、豊崎さんの書評の、太田さんは他人(編集者)の言うことを聞かない頑固者だから、小説家として成長しないと思う、といった部分に反発しているようだ。他人の意見を聞くか聞かないか、太田ファンでない(笑)私にはよくわからないのだけれど、漫才と同様、作品の欠点を真摯にみつめて、根気よく成長していける人だと思うので、「鳩よ!」でウーチャカに謝ったように、将来、書評のこの部分について、豊崎さんが謝ってくれるようなこと(=太田さんが「マボロシの鳥」以上の作品を書く)になれば、すばらしいのではないか。
 数カ月前に出たこの本、ぶ厚いので、何日かかかってやっと読了。5つの大学で教授や学生たちと討論した内容、「ニッポンの教養」で放送したものをまとめ、時間の都合でカットされた部分も収録されている。
中で、討論とはまったく関係ないといってもいい部分だけれど印象に残ったところ。太田さんが、自分がウーチャカだったら自殺してる、と言っていることは有名!だけれど、慶應大学での討論の際、それにもうひとつおまけがついて。
太田さん「でも、おれがこいつになったら、バカだから自殺は思いつかないと思う」
だとさ。
// ホーム // 次のページ >>