好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

  5月28日の「永六輔その新世界」を何回か聴き直していて、昨日書いた萩本欽一さんの最初の印象のほかに、青島幸男さんの初印象が「意地悪ばあさん」というのも、そういえば私とは異なるなあ、と思ったので、これも一応メモしておこう。
私にとって青島幸男さんの初印象は、だんぜん「お昼のワイドショー」の司会で、Wikipediaによれば、1968年から11年間司会をやっていたよう。とすると、ウーチャカが3歳から14歳まで、か。
 「意地悪ばあさん」は、1967年から2年間くらいと、1981年から約1年間、それぞれ毎週放映していたらしい。
そうなると確かに、お昼12時からの番組よりも、時期によっては夜7時から放送していたらしい60年代の「意地悪ばあさん」のほうを憶えているほうが、自然かもしれない。
  28日の「永六輔その新世界」、改めて「そうなのか!」と思わされたのは、2人がコント55号のコントにはほとんど間に合っておらず、萩本欽一さんの最初のはっきりした記憶といえば、「欽ドン」などのバストショットだ、ということ。私は、コント55号がいちばんおもしろかったかどうかは考えてしまうけれど、とにかくテレビの前で、2人のコントを本当に笑い転げながら観た思い出があるし、野球拳もはっきり覚えているから。あまり感じないけれど、やはりたまに感じる年代の差。
 さて、爆笑問題が帰ったあと、反響のFAXを紹介していたとき、外山恵理アナウンサーが「ほんと、2人とも大好き」と発言。
私も、そんな外山アナウンサーが大好き(笑)!
 昨日のラジオでのウーチャカ、あまりにひどい鼻声で、のどもおかしそうだったので、今日はだいじょうぶなのかと心配していた。あとから思い出してみると、前日「田中裕二の野球部」があったのだ。WコロンのねづっちさんのTwitterによれば、打ち上げもあったようだから、それで風邪か悪化したのだろうか?
 ところが、今日は、「サンデージャポン」でも「日曜サンデー」でも元気そうで、声も鼻もほぼ治っていた。ひと安心、である。ただ、「日曜サンデー」では、やたら丸く見えたけれど・・・・・。
「日曜サンデー」でも風邪をひいていたのか何なのか、特に昨日の声と鼻についての言及は無し。
 太田さんは、前に、「空飛ぶ!爆チュー問題」の収録の際、畳を蹴飛ばしてブーマーの伊勢さんにぶつけてやろうと思って、自分が足の指を骨折し、ところが驚異的な速さ(2、3日じゃなかったっけ、太田さんのことは詳しく覚えていないが(笑))で治したそうだが、ウーチャカも負けてないね。
  今日の「永六輔その新世界」。ゲストとして爆笑問題が出て、おもしろい話も出たけれど、ウーチャカはそれほどしゃべらず。でも、それより何より、鼻とのどの調子が悪そうで。最近、鼻炎だの風邪だのが多いなあ。とりあえず、今日から記録しておこう。

<5月28日(土)> 鼻、のど、いままででもかなりひどいほう。風邪ひいてる、などの発言は無し。
  24日の「カーボーイ」。
ゲストのはんにゃは、20代後半みたいだから、40代の爆笑問題が(いつものように)小学生や中学生的会話をするわけにはいかず・・・と思ったが・・・。
ウーチャカ「川島、(出身は)どこだっけ?」
はんにゃ川島さん「僕は東京都中野区です」
ウーチャカ「・・・何中?」
川島さん「井草高校ですよね?僕のお姉ちゃんが井草高校です」
ウーチャカ「あ、そう!・・・でも、全然歳がまだ、ね。」
川島さん「そう、35歳です」
ウーチャカ「だから、俺の10こ下ぐらいだよ。・・・え、中学は?」 (どこまでも出身中学校もこだわる)
川島さん「でも、けっこうマイナーなんで・・・北中野中学校っていう・・・」
ウーチャカ「マイナーじゃないよ!(周囲、笑い)北中なんて、隣りだもん!」
太田さん「知らねえよ!」
ウーチャカ「いやいやいや、北中なのお?じゃあ、上鷺宮とかそのへん?」 
川島さん「そうです、そうです・・・」
ウーチャカ「俺、だって、八中だもん!」
川島さん「八中ですもんね」(このあたり、少し引き気味に思えた川島さん)
ウーチャカ「武蔵ヶ丘小学校?・・・」
川島さん「そうです、武蔵々丘・・・」
ウーチャカ「合同運動会・・・」
川島さん「あ、そうです、そうです(合同運動会)」
ウーチャカ「だって若宮だもん!」
川島さん「あ、若宮小学校ですか?」
ウーチャカ「・・・若宮から八中だもん!」
金田さん「めちゃテンションあがってるじゃないですか」
途中で、曲を流す指示があったらしく、ウーチャカ不満そう・・・。
調べてみたのだけれど、中野区には武蔵ヶ丘小学校というのは無く、どうも武蔵台小学校のまちがいみたいだ。川島さんは途中「武蔵台じゃなくて・・・」と言いかけたんじゃないだろうか。でもウーチャカはその隙を与えず、うるさいほどの!大きな声で出身校について、しゃべり続けるのであった。
中学生だった。
// ホーム // 次のページ >>