好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

 「田中裕二の野球部」のTシャツが当たった話はブログに書いたけれど、1年以上もたって、やっと数日前から何度か着ている。実筆サインということだったけれど、そのわりには洗濯しても落ちないものなのですね。こういうのは、落ちないようなペンで書くものなのかな。
  ところで、今日の「小島慶子キラ☆キラ」は、「ペアとかセット、組み合わせの話」というテーマだったのだけれど、水道橋博士さんがパートナーということで、漫才コンビの話になっていた。リスナーからのメールで、てんやわんやさんが、ふたりとも電車で仕事に通っていたのを、どちらかが車移動に変えたら、漫才で息が合わなくなってしまい、元に戻したら息が合うようになった、という話が紹介されていた。水道橋博士さんも「わかる」と言っていたけれど、爆笑問題の場合、太田さん主、ウーチャカ従、とにかく太田さんペースでウーチャカはとにかくそれに合わす、というイメージだけれど、やはりこういうことがあるのかな。
 
 27日の「カーボーイ」で、やはりウーチャカが、田原俊彦さんのコンサートに行った話が出たが、その中で、コンサートが終わった後、田原さんに手を引っ張られて舞台に出され、お客さんはほとんど帰っていたものの、報道陣に写真を撮られ、ある老舗の週刊誌から、田原さんとウーチャカは「ただならぬ仲」ではないか、という問い合わせ?が太田社長に入ったという話が出た。そこでは「新潮?文春?」なんて太田さんが尋ねるも、具体的な雑誌名は語られなかったけれど、まあ老舗の週刊誌といえばそのどちらか、という気はした。ウーチャカも、「(ただならぬ仲だなんて)思ってもねえと思うよ」、「そんな記事に勝手にしたいだけでしょ」と言っていたような類の記事が、果たして本当に載るのかなあ?なんて思っていたら、朝、新聞の週刊文春の広告に、ウーチャカではなく、太田さんの記事があったので、ちょっとびっくり。そして、立ち読みしてこれまたちょっとびっくり。何ということもないと言えば言える記事だけれど、太田さんに関する記事にしては、珍しく色っぽい記事だったからだ。ここのところあまりラジオでも太田社長の話も出ないし、などと気になっていたら、こんな記事。
 それにしても、ウーチャカの記事はこれに付け足すつもりだったのか、全然関係無いのか、ウーチャカの記事が無理そうなので、この記事になったのか。
   27日深夜の「カーボーイ」の「わ、びっくりした」のコーナーで、自分は口笛がかなりうまいと思っている人が、中学生と張り合った話があったけれど、それを普通に聞いていたウーチャカが突然、「俺ほんとは、けっこう口笛がうまいんだよ。ただ、番組とかでは絶対できない、笑っちゃうから」「俺うまいんだよ、けっこう口笛!」と何度も自慢し始めたのがおかしかった。笑っちゃって吹けないなら、うまいことを証明できないし、また私がウーチャカの口笛を聞けることもないから、悲しい。
 24日放送の「お願い!ランキングGOLD」の2時間スペシャル。あいかわらず滑舌がよく、明るい声で司会するウーチャカと、後輩の芸を楽しみ、茶化し、あるいは励ます太田さん、という2人の立ち位置がよかった。とにかく審査員でなかったのがよい。  これからも、審査員はやって欲しくない。ウーチャカはやる機会もなさそうだし(悲)、太田さんもやらないスタンスだとは思うけれども。
 番組は、太田さんに出演芸人の人たちが遠慮しすぎていないところが良かった。そのほうが太田さんも楽しそうだし。ウーチャカがそばに居ないので、「俺もこの世界50年やってるけど・・・」と太田さんがボケても、後輩芸人さんは突っ込んでくれず、結局「50年もやってないんだけどさ」と自分で突っ込むしかなかったところなどは、笑った。
  「2355」の「夜ふかしワークショップ」のウーチャカは、型通りの演技といえば言えるのかもしれないけれど、そのわりにはわざとらしすぎず、なかなか好感をもてる芝居、と思っていて、また46歳なのに男の子のようだなあ、と観るたびに感じるのだけれど、ああいうのはどのような手順で撮影されるものなのだろう?
 太田さんの声をあらかじめ録っておいて、それを流しながらウーチャカが芝居するのか、その逆?ウーチャカの芝居の打ち合わせとか、リハーサルはおもしろそうで、観てみたい。けっこう何度も演技するのか、ウーチャカの器用さで、すぐOKになるのか?
// ホーム // 次のページ >>