好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

 昨日の「日曜サンデー」。当然、先日のプロ野球のドラフトで菅野選手との交渉権を日本ハムが獲得したことについて、ウーチャカがどう言うかな、と思っていた。とはいえ、ウーチャカは「普通」なので(笑)、日本ハムが交渉権を取ったことはもちろん悪いことでも何でもない、ただ原監督はかわいそう、と言うのだろうな、とだいたい予想はできて、まあ似たりよったりのことを言っていたと思うけれど、またもマヌケなことに私は、今、爆笑問題は日本ハムのCMをやっていることをすっかり忘れていた!
 そこで、太田さんの意地悪である。
太田さん「日本ハムが俺、一番好きなメーカーだからね。・・・日ハム。いいんでしょ?ジャイアンツよりいいでしょ?」
ウーチャカ「(小さな泣き声で)喜ぶべきことかもしれない・・・(苦笑)」
太田さん「日ハムの人聞いてますからね・・・入って欲しいね!やっぱり。日ハムに」
ウーチャカ「(やはり泣き声で)そうだね(笑)」

 それにしても、2010年10月7日のブログに書いたのだけれど、「なぜ爆笑問題にこの商品(会社)のCM?」シリーズにつけ加えられるCMがまたひとつ増えた、のだなあ。
 「巨人ファンなのに日本ハムのCM」って。
   また朝日新聞で見た話になるけれど、「ミュージックブランチ イヤフォンスプリッター」というものが紙面に載っていた。 要するに、1台の音響機器にいくつものイヤフォンを接続して、何人もで聴けるというもの。
  これを見た爆笑問題のファンなら、たぶん2人の学生時代の逸話を思い出すはず。そう、「あのころラブラブだったんだよ」と、「検索ちゃん」で太田さんが告白してた頃の話! 
 2人でサザンオールスターズの曲を聴きながら江ノ電に乗っていて、「海」のイントロのところで海岸沿いにさしかかり、歌に入ったところで海がパーッと視界に広がった・・・という話。そして、大事なポイントは、そのとき2人は、ひとつのイヤフォンを片方ずつ耳に差して曲を聴いていた、というところ。 今度はぜひこの新製品を使え!
 養老孟司さんの飼い猫のDVDが発売されたということを朝日新聞知った。有名人とはいえ、なんで養老さんの飼い猫が・・・と、調べたら、養老さんのブログで人気の猫なのですね。      
 ウーチャカも、ネネちゃん、チーちゃんのかわいさをみんなに共有してもらうため、「タイタンハッピー」の写真だけでなく、がんばって、ブログでアピールしてくれないか?私は、猫でなくウーチャカ目あてで見るけれど・・・。
 もっとも、ウーチャカが一時いろんな人のブログを見た話をしていたから、てっきり元奥さんの置いていったパソコンででも見ているのかと思っていたら、どうも携帯で見ていて、あいかわらずパソコンとはまったく無縁のようだし、携帯でもブログはできる(というか、今は携帯が主流なのか?私はよく知らない)とはいえ、ウーチャカはそういうことにどうも興味も知識もないようなので、無理だろうなあ・・・・・・。まず、文章を書くことが相当ダメらしいし。
 25日夜の「カーボーイ」。「思っちゃったんだからしょうがない」のコーナーに、「もしも猫が人間並みの知能をもって、人間と争うようになったら、田中さんはどちら側につくんだろうか?という投稿。
 最初、「間に入る」という中途半端な答えをしたウーチャカだったけれど、当然太田さんに許されず。
太田さん「殺し合いだから。猫対人間の」
ウーチャカ「・・・しょうがない、うちの猫に俺が殺されて・・・」
太田さん「殺される!」
ウーチャカ「俺はうちの猫を殺すことはできないから・・・」
 猫を抱きしめ、泣きながら、「チーちゃん!どうしてェェ・・・」と叫びながら、殺されるらしい(笑)。ちなみに、猫が人間を殺そうとしているのを見た場合は、引き離すが、猫は殺さない、とウーチャカがまた甘っちょろい(笑)ことを言ったけれど、太田さんが「戦争なんだよ!」 。
 結局ウーチャカは、「(戦争が始まったら)最初に俺が死ぬ」。
ウーチャカ「そんな戦争は、勝っても敗けても意味が無い!」
太田さん「そりゃま、人間同士でも言えることだね(笑)」
 このネタは、チャーミーさんという方の投稿だったけれど、たぶん「猿の惑星」からの発想だろう。私は、ついこのあいだ「猿の惑星 創世記」を観たところなのに、こういう想像をしなかったのは、ウーチャカファンとして、まだまだかもしれない・・・。
 23日「日曜サンデー」でのウーチャカの絶好調ぶりその2。
 「ここは赤坂応接間」のゲストは、木村拓哉さん。わざわざ「南極大陸」全話の台本を持って来てくれ、二人を「ウーチャカ」「ピー」と呼んでくれる木村さん。草薙さんの事件のとき、「SMAP×SMAP」に緊急出演して以来(と私は勝手に思っている)、爆笑問題を本当に大事に思ってくれている印象。 
  それなのに、?ウーチャカ。「田中裕二のサンデー競馬小僧」のコーナーの途中で、木村さんがスタジオの向こうに顔を見せてみんながワイワイ言っていたのに、ウーチャカだけTVの競馬に釘付けで気づかなかったらしい。みんなが騒いでいたのも、競馬で騒いでいるのだと思ったそうだ。 
   また、「南極大陸」のドラマを、チーちゃんネネちゃんが、じーっと食い入るように観ていた、こんなことは珍しいんだ、写真も撮った、ということを、木村さん含め周りがたいして興味をもっていなくてもかまわず説明しつづけ、木村さんに写真を見せようと探し始める。そして、無事写真を見せることができたものの、木村さんに、これを撮っていたということは、(写真は何枚もあるらしかった)このあいだウーチャカはドラマを観ていなかったってことだ、とみごとに突っ込まれていた。
 
// ホーム // 次のページ >>