好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

 「カーボーイ」で何度も話していた立川談志さんと初めて2人が会った日の思い出。改めて、29日夜の「カーボーイ」でも、なつかしそうに話していた。
 談志さんの行きつけの、喪黒福造の居そうな銀座の「みや」というバーで、談志さんの目の前に座らされた2人。他には、ミッキー・カーチスさんなど、いろいろな「大人」が居た。
  
  ウーチャカ「・・・(談志師匠が)周りのいろんな大人たちと話をワーッとしてる、俺ら、当然黙ーって・・・わけわかんないしね、言ってることの半分も理解できない状況。で、もちろん恐縮しちゃってね、黙っーってたら、(談志師匠が)「つまんねえのか」って、始まったんだよね。・・・」
  太田さん「話すことが無くて居るようだったら、帰るほうがいいんだぞ、みたいなことを言われたんだ」
 ウーチャカ「言われたんだよね。」
 太田さん「だって、話せねえじゃん、と思いながらも、うわーどうしよう、と・・・」
 ウーチャカ「…怖えぇーって思ったよな(笑)・・・」
 太田さん「快楽亭ブラックさんが「気にすること無いよ」って・・・」
 ウーチャカ「そ、あの人があんだけ頼りになったの・・・初めてだよな(笑)」
 太田さん「やさしい、と思った。」
 ウーチャカ「この人やさしい・・・居て居て、こっち居てと思った(笑)。・・それで、飲まされたな。」
 太田さん「ハイボール3杯。」
 ウーチャカ「そう・・・人生でいちばんゲロ吐いたの、あの日だからね・・・」
 太田さん「師匠が引いたんだからね・・・師匠が帰っちゃったんだから、それで。・・・悪かったなーつって・・・」
 ウーチャカ「ほんと飲めねーんだな、悪かったな・・・って・・・」
 太田さん「ドン引きだもん。」
 ウーチャカ「そう・・・で・・・見送れって・・・俺なんかフラフラで、早く帰ってくれって(笑)・・・そのあと太田さんは、感動的な日だしね、天下獲っちゃえって言われた日だから・・・」
 太田さん「あの時はね、我々干されて、ようやくもう一回仕事できるってなったときに、師匠がいち早く認めてくれたというか、おもしろい、おまえらいけるよって言ってくれたから、ありゃー、本当、自分の人生の中でも、三本指に入るぐらいの日でしたね。」
 
  そのあと、「すごいことがあったぞ!」ということで、事務所の仲間と新井薬師のカラオケボックスにタクシーで向かった2人だが、タクシーを降りては激しく吐き続けたウーチャカ。飲んだのはハイボール1杯だったが、ウーチャカにとっては、「ハイボール=毒」というイメージで、今のハイボールブームには複雑な思いがあるらしい。

 ウーチャカ「いいことも悪いこともいちどにあった日なんだよ、あの日は。」
 
 以前も、この、タクシーを降りて吐いたときのことは、カーボーイで語っていたけれど、確かそのとき2人は「夢みたいだー」だったか「天国だー」だったか、とにかく嬉さのあまり叫んでいた、と話していた記憶が。今回いつの放送だったか探してみたけれど、見つからず。近々見つけねば!

 ウーチャカ「ほんとに俺、今日死ぬかもしれないと思ったね」
 太田さん「思ったね。」 
 ウーチャカ「だって俺、ボージョレー・ヌーヴォー解禁だっつって、2センチ位のワイン飲んだだけで、全身しびれてタクシー降りて40分寝てた(ことがある)んだから。そんな奴がだよ、ハイボール1杯、一応、氷とかでごまかしたけど、飲んだからね。ついにこういう時が来たと思ってな。意外に来ねえと思ってたんだよ、そういう、ほら、「俺の酒が飲めねえのか」的なのって、ね、いつかあるだろうっていうのはあったんだけど、あ、意外にね(笑)、ウッチャンナンチャンも全然そういうことしねえんだな(笑)、入ったばっかりの頃ね、「笑いの殿堂」での打ち上げとかで・・・浅草キッドもあんな、イヤなこと言うわりには「酒飲め」も言わねえなとか思って、意外にそういうの無いな、と思って来て、談志だ!と思って・・・」
 

  最初は当然のように、ウーロン茶を飲んでいて、途中で談志さんに「飲めないのか?」と訊かれ、「飲めないんです」と答えてホッとしていたら「じゃあ今日は飲め」と言われて、「おーい、ハイボール3杯ずつもって来い」と注文され、「一気にあけろ」。

 ウーチャカ「俺は、おまえがきっと、「あ、小僧死ぬな」って思ってるだろうなと・・・」
 太田さん「思ったよ。・・・でも、「飲めよ」と思ったけど(笑)」
 ウーチャカ「俺も「これは無理」とか言えないのはわかってたから、命を懸けて飲んだよ」

 大げさではないなあ。急性アルコール中毒で亡くなる方は、たくさんいるのだから。

 太田さん「それ以来だよね。師匠いっさい・・・」
 ウーチャカ「一切、ですよ、そう。」
 太田さん「酒勧めないですからね、我々に。やさしいんですよ。」
 ウーチャカ「そのあと、高田先生とかとみんなでね、紀伊国屋か何かのときのあとにね・・・行ったんですよ・・・そのとき、山藤章二さんとかたぶんいっぱい来てて、で、高田先生が「おまえら、師匠の前でダメだ、飲めよ」って言われたら、談志師匠が「いやー、いいんだ、こいつら飲めねえんだよ」つって・・・。そっからはもう一回も勧められたことも無い・・・やさしい・・・」
 太田さん「(笑)よっぽど引いたんでしょう。田中君のありさまに。」
 ウーチャカ「・・・今となっては、いい思い出ですしね。」

 その後一切お酒を勧められなくなった、というのは、今回初めて聞いたと思う。生きているときは、現在進行形になってしまうので、言いにくかったのかな。

 ウーチャカ「あとやっぱり、「芸能大全集」っていう番組を一緒にやれたのは大きかったね・・・」
 太田さん「あの記憶力ね、あの歌謡曲の記憶力、すごかったな。」
 ウーチャカ「歌謡曲から昔の映画から、俳優とかの名前ね。」
 太田さん「浪曲、講談、全部できるんだからびっくりしちゃうよ。」
 ウーチャカ「容量、何ギガ、みたいな。すごいな、あれは、今まで見た人間の中で断トツ一番でしょ・・・映画から音楽。もちろん落語、講談ね、もうすべてにおいて、全部のオタク・・・」
 太田さん「嫌いなものまで言えるんだから。あの人は。」
 ウーチャカ「そう。」
 太田さん「漫才もね・・・いとこいさんから何から・・・関西弁は関西弁でやるからな・・・」
 ウーチャカ「・・・記憶だけじゃなくて、演技もできるわけじゃないですか・・・本物よりもうまい…芝居の天才、記憶の天才、発想の天才・・・」
 太田さん「あの人が死んじゃったっていうのは相当な損失だよね。」
 ウーチャカ「・・・バックアップを(笑)本当にそうだよ。」
 太田さん「それだけでもね。」

 今回亡くなられたということに関しては、太田さんの、もともと雲の上だった人が雲の上に戻ったようで、知り合えて話をできていた時が嘘のようだという話と、もう恐い人はいない、怒られたことは無いけど、いつか怒られる時が来ると思っていた、という話が印象に残った。 
 今日の「ザ・トップ5」で、スープヌードルの話が出て、試食をしていた。パーソナリティの安東弘樹アナウンサーとコンバットRECさんは、スープヌードルを食べたことが無かったと話しているのを聴いていて、かなり昔にウーチャカがスープヌードルの話をしていたことを思い出した。
 2006年5月2日の「カーボーイ」。コンビニでカップヌードルの隣りに、「カップヌードルと間違えて買うぐらいそっくりの」スープヌードルというのがあって、同じ日清の商品でなぜ同じものを別の名前で売っているのか不思議で、「お客様相談室」に初めて電話したウーチャカ。「めんの量が少ない」、「具が少し細かい」、「オープン価格なので、100円ショップなどに置ける」と答えてくれたらしい。
 もう5年以上前のことだが、今ネットで調べたら、来年1月から、小売り希望価格を125円にして、実質値上がりになるかも、という話があるのですね。
   「お願い!ランキング」で「田中裕二のローソンスイーツ商品化への道!」というのをやっている(もう終わったの?)みたいなのだけれど、なぜか、田中裕二というキーワードに該当する番組はみんな録ってくれるはずの我が家のブルーレイに、1回目が録画されておらず落胆。まちがって消してしまったのか?
 まだ、無事録画されていた2回目の分も観ていないのだけれど、このシリーズ、ウワサによると?どうもウーチャカの浮かない顔ばかり観ることになりそうなので、1回目が観られなくてちょうど良かったのか?
 19日に「田中裕二の野球部」のことを書いてから思ったのだけれど、「田中裕二の猫部」「田中裕二の(競)馬部」なども将来できたらおもしろそう。
 22日の「カーボーイ」。小泉今日子さんが、太田さんの著作「向田邦子の陽射し」の書評をしてくれていた、という話が出た。

 太田さん「・・・向田邦子の陽射しもね、好調でね、キョンキョンが新聞でですね、褒めてくれて・・・」
 ウーチャカ「ウソ!!なに?!それ、スゲェ、いいなあ。」
 太田さん「・・・読んでいただいて・・・。非常にね・・・」
 ウーチャカ「何、どんな、褒めてくれたの?」
 太田さん「いや、だからあの、太田さん大好きです。田中は嫌いです。」
 ウーチャカ「いや・・・」
 太田さん「いや、本当に書いてあった・・・」
 ウーチャカ「向田邦子さんの、その本についてだからね、田中さん大嫌いって書くわけないだろ」
 太田さん「田中は嫌いだけど、太田さんの書いた・・・」
 ウーチャカ「ちゃうちゃうちゃう・・・いやいや、どんなこと書いてあったの?」
 太田さん「え?」
 ウーチャカ「新聞にはどんなことが書いてあったんだ!!っていうの!!」
 太田さん「(笑)」

 このあとやっと内容をくわしく説明してくれた太田さん。
 
 ウーチャカ「すげえな、おまえ。・・・キョンキョンに、頼んでもないのに、そうやって感想を・・・」
 
 せっかく「ザ・ガール」の帯を頼んで書いてもらったのにねえ。
 それにしても、太田さんは田中「嫌い」って書いてあった、と言ってるのに、「大嫌い」なんて言うわけない、と自分で余計に嫌われてることにしているのが可笑しい。
// ホーム // 次のページ >>