好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

 25日の「日曜サンデー」のゲストに出た井上順さん。ウーチャカがとてもまじめに、井上順さんの司会ぶりに憧れているというか、自分も井上さんのような司会がしたい、と語っていたのがとても印象的だった。

 太田さん「あとやっぱり夜のヒットスタジオね・・・芳村真理さんとの名コンビね・・・順さんの司会が適当でね。」
 ウーチャカ「や、ほんとね、俺ね、あれが憧れなの。」
 太田さん「・・・今の高田純二さんみたいな、ああいうトーンですよね。」
  ウーチャカ「・・・こんなに軽い司会者は、僕は日本でいちばん軽いと思う、それが憧れ。・・・次は秀樹でーす、最近ラーメン食ってんの?ぐらいの・・・生放送で番組とかやるときに、ほんとたまに考えるんです、あの、ヒットスタジオの井上順さんみたいな、ああいう空気出せたら最高だな、でも緊張するし、無理なの・・・」

 そういえば、錯覚かもしれないけれど、「サンデージャポン」などで、急に肩の力を抜いたような質問のしかたをするときがあるけれど、そういうときのことなのかな?どちらにしても、ほんとに憧れているような口ぶりだったから、これからウーチャカの司会を観るときの楽しみがひとつ増えました。
 
 ウーチャカを観ながら、おもにラジオが多いのだけれど、昔言われていたことをいろいろ思い出すが、それがいつの放送だったのかわからなくて、音源を持っているはずなのに探せなくて悔しいことが多い。
 最近はウーチャカがスイーツに夢中な姿を楽しめる場面が増えて楽しい限りだが、かなり昔、「カーボーイ」で、そういった、スイーツに夢中、というシーンがあった番組のことをふたりが話していて、太田さんが「甘いものに夢中、っていうのを演出しようとしてるけどうまくいってないよ」みたいなことを言っていたことが確かあったのだ。当時聴いたときどう感じたかは覚えていないけれど、後年これを聴いたとき、けっこうショックだった。ということは、今の、ウーチャカのスイーツ夢中ぶりって、かなりの部分演出で、「うまくなった」ってことなのかあ、と。まあそういうこともあるかもしれないけれど、なあ・・・。
 もうひとつ、今は太田さんも、若手の漫才やコントを手放しに近く楽しんでいる様子を見せているけれど、これまたかなり昔だったと思うけれど、確か新年に、自分たちよりは若い芸人の芸を観た感想を、ウーチャカが「みんなおもしろかった」と言ったら、太田さんが「あいかわらずだな、おまえは。」と、ウーチャカがそういったことを言うことをおもしろく思っていなかったようだった。今太田さんがほんとに楽しそうにしている様子を見るたび、それを思い出す。昔の太田さんが嘘(本当はみんなおもしろいと思っていた)のか、それとも今の太田さんが嘘(本当は他の人の芸をおもしろいと思ってない)のかどちら?いや、どっちも本当なんだろうな、なんて思いつつ観ている。 いちばん思っているのは、あのときのウーチャカは怒られ損だったな、ということかな・・・・・・。
 あらためて18日の「日曜サンデー」での浅草キッドとのやりとりを聴いていると、後半はけっこうお互い歳とったなあ、という話題に行っているのがおかしい。これからふた組ともとにかく元気に現役を続けて、何年かにいちど思い出したようにこんな場で話をしてほしい気もした。
 しかし、伊集院さんは健康志向の話を出したウーチャカの変人ぶり?を強調するけれど、玉袋さんの水道橋博士尿瓶使用暴露のほうがよほど強烈ですよねえ。博士が絶対言うなということで教えた話をさらっと言ってしまうんだから。
 伊集院さんは、25日の「日曜サンデー」でもこのときのウーチャカの話や、同番組でのショッピングのコーナーのパン焼き器販売の際のしいたけを練りこんだらあくまでまずい、と言い張ったウーチャカの話をしていたけれど、単に最近伊集院さんの中でウーチャカネタブームなのかな?ちょっと前までは、太田さんを初恋してる少女のように慕っている話をさかんにしていたけれど。しいたけの話にしても、このブログにも書いたけれど、きのこのホクトの社長がゲストだったときのウーチャカのほうがもっと強烈だったしなあ・・・・・・。
 最新刊「爆笑問題の忠臣蔵」に関して、自分が全部書いている、と今さらあらためて主張している太田さんだけれど、昨日録画してたまっていたテレビ番組を観てみると、最近はウーチャカのほうがやたらそれを強調しているんですね。
 「サンデージャポン」や「笑っていいとも」の本の宣伝のとき、「太田、田中ですけどね、田中のセリフも全部太田が書いてます」、「太田さんが全部書いてます」とやたら強調。太田さんはほぼ黙っていた。もっとも、そのときはしゃべる時間も無かったようだけれど。
 ラジオで太田さんが、ウーチャカは歴史に詳しい、などと思われているのが気に入らない、としゃべっているのを聞きながら、今回この本の宣伝をするときはこのネタ?を使おう、と思ったのかな?
 私が、爆笑問題の本を、太田さんだけが書いていると公に言っているのを初めて聞いたのは、わりと最近(でもないか?)で、2003年か2004年頃。おすぎとピーコさんとの番組で、まだ政治家ではなかった東国原さんとの話の中で。なぜか東国原さんはそのとき冗談半分で「ゴースト(ライターが書いたん)でしょ」と言っていて、それに対して太田さんが断固「違う」と訴え、ウーチャカもいかに太田さんが苦労して書いているかを主張していた。そして、太田さんがウーチャカは全く書いてない、と言い、ウーチャカも「名前を貸しているだけ」と。この「名前を貸している」というのは、横にいた小島奈津子アナウンサーが最初に言ったような気もする。この「名前を貸している」というのをよく使っていた時期もありましたよね。
 私は知らないけれど、太田さんが書いていることは、もっと初期のころから公にしていたのかな?
 ウーチャカと猫のことを考えていたら、ふとまた思い出したのが、サンドウィッチマンの富澤さんとの猫話。もう3年も前の話になるけれど、富澤さんの飼っていた猫が闘病中だという話をウーチャカにしたら、気の毒がりながらも、もし死んでしまったら新しい猫を、自分の猫ネットワークで探してあげると言ったそうなのだけれど・・・・・・。
 ファンでありながらも、ウーチャカ、優しいのか冷酷なのか・・・とあっけにとられてしまった思い出。しかも、それから1か月もしないうちにその猫は死んでしまったようなのだけれど、さっそくウーチャカは、新しい猫を紹介したらしい。富澤さんは断ったみたいだが。 猫を飼ったことのない私にはよくわからないけれど、黙っていて、せめて数カ月くらいしたら、何気なく新しい猫どう?と言ってあげるくらいがいいんじゃあ・・・と感じた思い出。
 とはいえ、ウーチャカの非常に冷めた面が表れていて私にとっては大事なエピソードだけど。
<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>