好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

 
   まあ、去年もそうだったけれど、テレビの中のウーチャカと一緒に年越しを迎えることができないのは、寂しいねえ・・・・・・。
  昨日の続き、27日の「カーボーイ」オープニングの話。
 時間管理に続いて話題になっていたのは、よく出てくる「歌うな」という話。台本を、流れにのって、こなしているような感じに見えてくるような漫才になるな、というようなことかな、と素人なりに解釈する私。「田中はそれが本当に治らない」と太田さんは言うんだけれど、たまに昔の漫才を観ているとかなり変わっていると私には感じられるが、太田さんにはそれくらいじゃ成長とは認められないのだろう。
 そして、そのあと、ウーチャカが、声を嗄れにくくなった、という話。セリフを読むつもりでなく、本気でその気持ちになってしゃべることと、先週をあまり本気で声を出し過ぎてやらない、ということを心がけたせいだろうと言うウーチャカ。

 ウーチャカ「(本気でその気持ちになってしゃべるということを心がけているのに)まだ歌ってる、、まだ歌ってるっつうところがあるんだな」
 太田さん「全然歌ってますよ、まだどころか・・・」
 ウーチャカ「ミュージカル?(笑)」
 太田さん「ほんと、ミュージカルだよ、おまえの漫才!アニーかと思った」

 そして、そのあと太田さんが、「自分のことは全部がダメでしたね、僕は。・・・僕はだから、ずーっとあれから、あそこはこうだった、ああだった、毎日考えてますからねえ。」と言ったのだけれど、数秒、間が空いてからウーチャカが「・・・あ、そうですか(笑)」 と言っていたのを聴いて、ウーチャカはほとんど考えてなかったんだな、と笑った。しかし、太田さんは、ウーチャカを責めたてている場合でも、自分はそれ以上にダメだった、なんて反省してたりしているんだなあ、と正直意外だった。

 心配だったのは、漫才の途中で2回くらい貧血状態になった、と話していたこと。ふたりともなったのか、ウーチャカだけがなったのかよくわからなかったけれど、「レバー」を食べたほうがよい、などと話していた。だんだん歳をとってくると体力維持が大変だなあ・・・。鉄のフライパンで調理するのも貧血防止にいいと言いますが、漫才って、歌のライブより時間は短いけれど、間奏も無いし、1曲終わってまた次、というのではなくてほんとにしゃべり続けだからなあ。
とにかく、本当の反省会しているみたいに聴こえたオープニング、楽しかった。
 28日の「カーボーイ」オープニングは、ツーショット収録の際の反省会のようなトークだった。
 最初は時間管理の話。
 本番の漫才は1時間3分になったそうだが、編集があるのでこれでは短いとのこと。練習では1時間20分かかり、時間管理係のウーチャカによれば、ふだんは練習ではさっと流す感じになるので、本番のほうがたいてい時間がかかるという。そういう経験から、時間をけずって1時間3分の台本にしたら、今回はなぜか本番も同じ時間になったという。普通に聞けば、それならしかたないなと感じるような話なのだけれど、太田さんは厳しいので、結果がダメなら許されないのだろう。
 私が気になったのは、、私が観覧した2009年末の収録後、太田さんが「田中が時間は全部管理してます。」と言ったあと、ウーチャカが「ちょうど1時間くらいだったでしょ?」と、会場にいた関係者の人に話しかけ、実際DVDを手にしたら、漫才は、そのとき関係者の方が言っていた時間とほぼ同じ、1時間足らず、つまり「収録時の漫才の時間≒DVDに収録されている漫才の時間」だったので、今度のDVDは編集が多くなるのかな?ということ 。
 以前は山中さんのニュース読みで漫才がぶつ切りにされていて、最近の、ぶっとおしで漫才を収録してくれている形に、私は喜んでいたのに、また元に戻ってしまうのかな?と。
 で、おまえが時間を読めてないのが爆笑問題の敗因、などと責められていたウーチャカだけれど、結局、ウーチャカが話を振っていく漫才の形なので、結局は、ウーチャカが「好き勝手」(by太田さん)なペースでしゃべったのが早くなった原因、ということになったようだ。
  また、意外だったのは、話を聞いていると、時間の関係でネタをカットするとき、どのネタを切るか残すか、というのはほぼウーチャカが決めているという話。太田さんの話をまともに信じるとすれば、今回ウーチャカの判断にかなり疑問を持っていたらしいのだが・・・・・・。「従うしかない」という太田さんのセリフはかなり嘘くさいのだが(笑)。
 先週「高田文夫のビバリー昼ズ」で、当然のことながら、談志さん、森田芳光さんの訃報について語られていたのだけど、以前からウーチャカにちょっと冷たい?高田先生。前にもブログにそのことを書いたのだけれど、今回も、最初こそ、「爆笑」も談志さんのお別れの会に来てたよ、という言い方をしていたものの、もうそのあとは「太田」「太田」だけ。森田芳光監督の訃報もそこで「太田に」教えたんだよ、とか。高田先生には腹は立たないし、ウーチャカ本人も何とも思わないだろうが、ファンとしては寂しい!
  以前、ルー大柴さんに昔「あなたのようにはなりたくないです」と面と向かって言って凍りつかせたという太田さんのことをブログに書いたけれど、勝手に私は勘違いしていたよう。太田さんが暴言?を吐いたことは事実みたいだけれど、私は何か漫才のコンテストみたいな番組で司会のルー大柴さんに言った、と思っていたのだけれど、違っていた。

 太田さん「最初にEXテレビで僕らがネタで呼ばれたんですよ、で、ルーさんレギュラーで、三宅裕司さん司会。ネタ終わったあとからんだときに、ルーさんがまたこの調子でワーッって出て来たときに、「俺、あんたみたいになりたくねえんだよ」って言ったのがきっかけなんです。生放送でそう言って、ルーさんが固まったんです。それがおもしろいってことになって、で、そのあとルー大柴VS爆笑問題って企画になって・・・」
 ルーさん「で、その当時はそれは本心から言ったことばだったの?」
 太田さん「本心から言ったんです。」
 ルーさん「それは正解だったよ(笑)。・・・あれ言わなかったら今の爆笑問題は無かったよ。」
 太田さん「ある意味恩人。」

 確かに(笑)。
 

でも、前も書いたけど、太田さん、別の番組では「失礼ですよね」と反省していましたね。
// ホーム // 次のページ >>