好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

   「日曜サンデー」でも出てきた、小島慶子さんの「キラ☆キラ」降板の話。つくづく、永六輔さんとか、大沢悠里さんのように、いろいろあっても長年ラジオで淡々としゃべり続けてくれる、というのは大変なことなんだなあ、と思った。
 気に入っているパーソナリティの番組を、ずうっと毎日、あるいは毎週、日常の習慣のようにあたりまえに聴き続けて、いつしか、なくてはならないものになり、永六輔さんなどはたぶん、ご本人にとっても、いまや相当な「生きる支え」になっているのだろうというような状況は、これこそリスナーとパーソナリティとラジオとのもっとも幸福なかたちかも、などと感じ、うらやましい。
 爆笑問題も、「カーボーイ」を15年も続けてくれているし、ラジオを大切にしてくれている2人だけれど、できれば10分でも15分でも、そして週1でもいいから、ウーチャカ単独の、なんということもない番組が今から始まって、30年以上続いてくれればなあ、なんて夢想する。中味は、「猫、お菓子、競馬、麻雀、アイドル、野球」だけでもいいから!タイトルは「ウーチャカ大放送」で。ゆくゆくは、それがウーチャカの生きる支えにもなる、どう?!
 
   昨日の「日曜サンデー」、「キラ☆キラ」をやめることになった小島慶子さんを、例のごとく太田さんが皮肉っていたのだけれど、まったく、時にウーチャカは、太田さんをたしなめるようなふりをして、焚き付けることがあるから要注意だ。
 太田さんは、やめるにあたっての小島さんのセリフをパロディにして言っていただけなのに、ウーチャカが「小島さんは、そんなこと言ったんだって?先輩でしょ?もう辞めっちゃってるけどねえ、・・・言葉数が少ないね・・・」とわざわざ外山アナに振り、太田さんが「正直ですね、外山さんは」と言うと、「正直だからねえ」とわざわざ繰り返し、そのあと太田さんが「はらわた煮えくり返って(ますよね)」と外山アナに言うと、今度は「ハハハ」と必要以上に?大笑いし、太田さんが「・・・ということで」と、もうその話題からほかに移ろうとしているにもかかわらず、黙っている外山アナに「否定をしなさい」と突っ込んだ。要するに、否定しないってことは、肯定してるんだよねえ、と言いたくてたまらないようだ(笑)。「そんなことないです」とちょっと不自然に否定した外山アナだったけれど、 「外山さんは、何もいってないでしょ!」とか「尊敬している元先輩なんですから、煮えくり返ってないですよ」などという突っ込みは一切しないウーチャカ、悪く、黒い。
    2011年の11月29日の「カーボーイ」で、12月13日のスペシャルウィークについてウーチャカが告知していた際、今度のスペシャルウィークは、「カーボーイ放送15周年企画」として、12月、2月、4月と3回通しでやる、ということだった。そのとき、「番組の中で、11月の時点で、4月まで続く、と明言することって、あまり無いんじゃないかな」という気はしたのだけれど、そうでもないだろうか?4月以降も続くのだな、と、ひと安心なのでいいのだけれど、この番組は当面続く約束がどこかでできているのか、何なのか?爆笑問題側が言い出すまで続けます、という約束でもあれば、バンバンザイだけど。
 27日の「2355」の「夜ふかしワークショップ」の録画を観ていて、何年かぶりにウーチャカの表情のかわいさに「うわっ」と声を出してしまった。
 この日は、箱の内部の対角線の長さを、開けずに知るには、という内容だったのだけれど、その過程で、ピタゴラスの定理を使えばいいのでは、と思いついたウーチャカが、後ろにある黒板のほうを向いていろいろ計算している。しばらくすると、太田さんのナレーションが「ピタゴラスの定理ですか?」と尋ねる。それに応えてウーチャカが振り向いて「そうそう!」といったかんじで振り向くのだけれど、そのときの表情、である。
 思わず2回観てしまい、もっと観たいのだけれど、これ以上観て感動が薄れると嫌なので、我慢している。もしかしたら、いままででいちばん気に入った表情かも。誰も同意してくれなくてもね。
   17日の「カーボーイ」で、「恋愛ニート」が始まるということで、自分の中で仲間由紀恵さんが再浮上しつつある、という投稿をしたら、ウーチャカに「おまえに関係ない」と言われてしまった藤田ハルさん。
  ウーチャカは、まだその時点ではドラマが始まっていなかったから、おかしいと思って言ったらしいけれど、太田さんに「そりゃあ関係ないですよ、でも、応援してるんですから。おまえ、そんな切り捨て方無いじゃない・・・」と、責められたのは、今回ばかりは、しかたない。
 しかし、私はそれ以上に、最近はタイタンライブなどで、直接藤田さんと会うこともあるようなのに、藤田さんは沖縄出身の人が好きで、かつて仲間由紀恵さんも、藤田さんの好きな女性有名人のランキングに入っていた、ということをなかなか思い出さなかったウーチャカに、やっぱりクール(冷酷?)だな、と思ったのだった。
// ホーム // 次のページ >>