好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

 17日夜の「カーボーイ」のオープニングトークで笑ったのは、
ウーチャカ「(S☆1は)楽しいよ、やってて、ほんと。」
太田さん「視聴者は楽しくない。」
ウーチャカ「えー、そうなの?そんな評判悪いかな。」
太田さん「評判悪いよ。」
ウーチャカ「そう?」
太田さん「あいつ調子のってんじゃないかって。」
ウーチャカ「あ、そう・・・ネットとか見てる?」
太田さん「え?ネットとか(笑)見てないけど、そこまでは(笑)」
 結局、太田さんのまわりの人の評判が悪いんだよ、ということで、しかもそれもウソらしいし、「あいつ調子にのってんじゃないかって」という太田さんの言い方が原因でネットの話など出してきたウーチャカなのだが、それにしても、いくらなんでもウーチャカの評判を太田さんがネットで見ることは無いでしょう(笑)
 仲のいいのは嬉しいし、太田さんのアドバイスをラジオで大いに聞きたいけれど、もし太田さんがネットでウーチャカの評判を探ってたら、さすがにちょっと引く(笑)。
 前に「日曜サンデー」に出たときにも書いたけれど、17日の「カーボーイ」のゲストハライチさんは、本当にうまい。加減がいいのだ。爆笑問題をもちあげすぎず、気を使っているそぶりを見せずに突っ込み、かといって感じが悪く見えることも無い。太田さんにも言い負かされるばかりでなく、面白く反論する。まだ20代らしいのに、すごいなあ。太田さんといっしょにウーチャカに突っ込むときのタイミングや突っ込み方なんかが絶妙に感じる。「太田さんがそこまで言うなら、ボクらも突っ込むぞー。田中さんよろしく。」っていう感じだ。
  あいかわらず中途半端に古い話。
 4月8日の「サンデージャポン」。
   番組始まってまず最初にウーチャカの始球式に対する太田さんの突っ込み。
 「史上最低の始球式!」「しかもタイガースのユ ニフォームですよ!」と怒鳴り散らす。 うわあ・・・ほんとうに太田さんのやさしさだ(そして爆笑問題のイメージ下降阻止?)。
 そして、そのチームワークの感動。日頃は、太田さんのキツいボケに突っ込むことで、テレビでも通用するよう毒を薄めたり、観ている人を納得させる役目のウーチャカ。そして、今回は、始球式に対する世間の冷たい目を、自分が思い切り突っ込むことでおさめようとする太田さん。ありがとう!
 しかし、このときのウーチャカの恐縮ぶりは、ほんと、いままでに見たことのないものだった!

 
   17日深夜の「カーボーイ」を太田さんの意見を聴いて考えたかぎりでは、MCとして仕切りや時間の管理はうまいウーチャカだし、太田さんを制御?するためにはそういった管理能力が大事なのだろうだけど、たとえば時間や段取りを気にしていないようなそぶりでおもしろい話題を引き出して、それによって時間をオーバーしても、おもしろい余韻のまま終わることができれば、型通りのイメージをぶちこわして、少し太田さん寄りの?おおげさにいえば破天荒なイメージの司会もできるようになるのかなあ、それはひとつの壁なのかな、という感想をもった。
 ただウーチャカは、例の始球式でも、選手にもしケガさせたら、と思ってしまい「史上最低の」?投球になったり、時間どおりにきっちり進められずハチャメチャになったら、と思いながら進めて太田さんに注意されているけれど、仮に始球式で何かあったり時間がメチャクチャなことになったりしても、そういう危機的状況には、ウーチャカはかなり強い気がするけど・・・けっこう運も強い人だと思うし。  
 それに、ソロの仕事に関しては特に目に見えて回を重ねるごとに改良しているように見えるウーチャカ。「たなくじ」も、くじが始まるときと、「いってらっしゃーい」というくじのあとのふんいきが、4月からのバージョンではとても自然になったし。太田さんには確か歴史などをレクチャーしてくれる方(編集者?)が存在するようだけれど、ウーチャカにもサッカーなどをレクチャーしてくれる専門の人がいてくれないのかな、それともいて、今勉強中?
 それにしても、17日は「ホットヨガ」の話をしたかったウーチャカだが、結局「S☆1」のウーチャカの仕事ぶりについて、かなり本気で話しているようだった。ウーチャカの、こまかい話は太田さんによって阻止され無視されることは多々あるけれど、「ホットヨガの話」みたいなまとまった大きな話をしないで終わる、というのは珍しい。ウーチャカの、太田さんに意見を乞う様子が一生懸命で、S☆1への本気度と太田さんへの信頼度をうかがわせるなあ。
 17日夜「カーボーイ」。オープニングの太田さんによる「S☆1」でのウーチャカ批判は聴きごたえがあった。ウーチャカがまた真剣だし。 「他には(ダメなところない)?」とまじめに教えを乞うウーチャカにちょっと笑う。
 ワイプでのリアクションについて、「なんだよ、おまえがやるなっていうからやめたんだよ」というセリフもあり。まあ、自分でもあまりリアクションしないほうがいいと思ったからやめたんだろうし、私もワイプでのリアクションは無理にやらないほうがいいように感じるけれど。
 聴いたあとに14、15日の「S☆1」の録画を観た。14日は、ウーチャカに限らずなんかMC全員がやたら元気すぎて疲れるなあと思ったけれど、15日はそうでもなかった。
 太田さんの言う「野村さんに冷たい」。とにかく時間がきっちり決まっている番組で、段取りや時間を気にするなと言われても素人目にも、かなり難しそう。でも、確かにウーチャカはしょっちゅう時間を気にしているのがわかってしまうので、太田さんが「打ち合わせで前もってメインの話と決めていることにこだわらず、そのときにノムさんが言いたいことがあればそれを聞いたほうがいい」というのもわかる。ウーチャカ、というより番組全体が段取りにこだわる番組なのだろう。
逆に言えば、よくあの忙しい番組をちゃんと仕切ってるよなと思うのだけれど、太田さんの目指すところはいつも高いし、ウーチャカのことをバカだ、ダメだというわりには粘り強く注文してくれる。 ワイプ内のリアクションについても、(やらないのではなく)「わざとらしくなくやれ」という厳しい注文だった。
 太田さんなら打ち合わせ関係なく崩せるのだろうが、太田さんに任せる時点でその番組は、崩すことを想定に入れているから崩しやすいけれど、ウーチャカにはしっかり時間を守ってうまく仕切って欲しいという期待のほうがあるからなお難しい気も。ただ、太田さんが今の、崩すイメージを最初から持っていたわけでなく、太田さんががんばって、自分から崩してきたのだろうから、それをウーチャカもやるべきなのか?
 
<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>