好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

  最近2003年頃の「カーボーイ」の太田さんの落ち込み?ぶりを恐る恐る聴いているが、私が、太田さんが最高に落ち込んでいる、というよりウーチャカが最高に罵られ、攻められた回、と記憶している回の放送日は、どうやら5月20日の放送だったらしい。ところが、前後の回の録音はあるのに、その日の録音分がみつからない。無意識になくしてしまったのだろうか?(笑)みつかるといいけれど・・・・・。
 それにしても、思ったほどではないけれど、2003年頃の放送を聴いていると、本当にこちらまで暗くなってしまうなあ・・・・・。
   29日の「カーボーイ」で、伊集院光さんが、新作DVDを太田さんにはあげるのに、自分にはくれない、と寂しそうなウーチャカ。「どうせ観ないでしょ」と言われるというのだが、最初のDVDはくれて、ちゃんと観て「おもしろい」と伝えているし、楽屋までもらいに行ったこともあるらしい!
 本も、3冊目だったか、2人が面白い、と言ってくれて嬉しい、とツイッターに書いていたくらいなのに。もっとも、本も1冊目だったか2冊目だったか、どうせ読まないでしょ、とはじめはくれなかったこともあった、確か。
 ウーチャカのことを、怪物だとか、ときどき話題にする伊集院さん、どうもウーチャカに対しては、「翻弄してやろう」と思ってるんじゃないかと感じること、多し、だ!?
ウーチャカのこまかい情報を、とにかくメモしておく。
2003年5月27日「カーボーイ」からの情報。
 ウーチャカは幼い頃、バナナを4本食べて病院に運ばれた。転げまわるほど痛く、このときほど痛かったことは無い、のちの盲腸炎のときより痛かった。そのとき、「バナナは、縦にからだに入ると考えてくれ、4本だと口から出るでしょ、そう考えてくれ」と医者に言われたらしい。
   女子バレーのロンドン五輪最終予選の番組に出ていたウーチャカ。なんか一生懸命無理に自分を盛り上げている気がして、「大変だなあ」と、勝手に思ってしまった・・・・・。五輪出場を決めるための試合だから、見応えはあるのだろうけれど、いろんなスポーツに興味を持たないとならない今の立場、なかなか・・・・・。
 NHKの「わたしが子どもだったころ」のウーチャカ編で、小学生だったウーチャカが、自分の誕生会にクラス中のともだちに声をかけて呼び、家でその誕生会を行っていると、玄関のほうでごそごそ音がする、みんなでそっと見に行ってみると、玄関にプレゼントが置いてあり、誰が置いたんだ、と刑事ごっこの真似までして犯人?を見つけ出すと、ウーチャカが声をかけ忘れていたクラスの男の子だった、というシーンがあった。
 そして、そのウーチャカのうっかりに、まわりの級友たちもあきれるのだが、このとき声をかけられなかった男の子もまわりの子も、ウーチャカが意地悪をして呼ばなかったとはつゆほども思っていない様子で、もちろんウーチャカも故意ではなかったのだが、30年少し前とはいえ、無邪気なシーンだなあ、と思いながら観た。30年前だって、既にいじめ問題はあったから。
 それでもさすがにウーチャカはこのことが、「ひどい話」と忘れられないことのようだったが、そう言いながらも、このときこの男の子とそのあと合流したのか、そのままその子は帰ったのか覚えていないとのことだった。ウーチャカはこども時代、というより高校時代くらいまで、本当に影のない青春を送っていたんだろうなあと思わせるシーンだった。


// ホーム // 次のページ >>