好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

 「アウトレイジ ビヨンド」宣伝活動だろう、「笑っていいとも!」に北野武さんが出演したことにより、また浅草キッドと爆笑問題のあいだであれこれがあった。
 武さんの出演日、次の日の出演者浅草キッドが電話に出た際、武さんが「太田光?」(正しくは、「ひかる」とまちがえた)と振ったため、玉袋さんが「いちばん嫌いな奴!」と対応。
それに対して次の日、浅草キッドに「親友太田光より」と花を贈った太田さん。
するとその日2日の夜の生放送の「カーボーイ」に、玉袋さんから「お花ありがとう。親友玉袋筋太郎」というFAXが送られてきた。
また、その週の金曜日の「たまむすび」や土曜日の「ウィークエンドシャッフル」で玉袋さんがそれらのことについて触れた。
また、9日の「カーボーイ」でも、大田さんがその後浅草キッドが「笑っていいとも!」に出たときの録画を観たということで、改めてまた感想を述べていた。
 印象的だったのは、9日の「カーボーイ」で、できごとがひととおり終わったあとの感想?として太田さんは、「笑っていいとも!」のお客さんの反応・・・博士さんが太田さんからの花についていた「親友・・・」の紙を見えるように破ったときの「あー」というような、引いてしまった反応など・・・について「しょうがないなあ」という感じで笑いながらも、「(キッドは)昼間の顔じゃないんだよ!いいともの客には馴染めないんだ、ほんとに不器用だ。」などと浅草キッドを揶揄していたのに対し、浅草キッドのほうは、「笑っていいとも!」のお客さんにほとほとまいった様子で、特に「たまむすび」では、玉袋さんは「プロレスでしょうが!」とはっきり言い(笑)、「人間を真正面からしか見てない」など、とにかく爆笑問題どうこうというより、「笑っていいとも!」のお客さんに苦情を言っていたのが可笑しかった。
 2005年1月10日の「2005 新春祭 頭と体を使って選手権 SP」で爆笑問題と浅草キッドはいっしょになっていて、次の日の「カーボーイ」で太田さんが話していたのは、
「昨日キッドといっしょになったじゃん。オープニングで博士が隣りに居て、あんまり話もしてなかったんだけど、中居くんとタモリさんが出て来たときに、「キャーッ!」って、中居くんに対する声援すごいじゃん。そんとき博士が俺の耳元に来て「こんな中でやってんだ・・・偉いよ・・・」(笑)しみじみ言ってた。」
ウーチャカも、「じゃあドン引きだったんだ、博士。すげえ引いてたってことか・・・。」
 とはいえ、同じ日の「カーボーイ」で太田さん自身も「(昨日みたいな番組では)仲間外れにされてる気がする」だの「輪に入れない」「俺の居場所が無い」だの延々悩んでいたのだけれど(笑)。
 そういえば、16日夜の「カーボーイ」では例の「たけしは死にました」事件のときのことを話していたけれど、太田社長もいつだったか言っていた通り、今となってはそのとき水道橋博士が乗り込んできてくれてよかったのだろうなあ。
時間がたつにつれて、たけしさんのリスナーやファンも「浅草キッドにあれだけ怒られたんだからまあいいか」的な空気にもなったのだろうか、と。私もたけしさんの「オールナイトニッポン」を毎週聴いて録音していたクチだが、就職してからいつのまにか・・・たぶん86年か87年・・・で聴かなくなってしまったので、この放送は聴いていないのは残念。
 とにかくいい意味でこのふた組は、ふた組いてよかった、というか、武さんに心酔するふた組がもともと違う立場・・・弟子と、弟子ではない・・・から出発して、異なる持ち味で20年以上芸能界でがんばって、途中からお互いに対する尊敬みたいなものも若干は芽生えながらの今の状況、これからもたまーに接触して、その都度違う関係を見せてくれそうな楽しみがある。
// ホーム //