好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

  昨日の「日曜サンデー」の「サンデーカラオケベスト10」(レコード大賞を取った曲のベスト10)で、いつものように、ウーチャカがあれこれ予想をしている中で「パラダイス銀河」を予想した。曲名を言う前にウーチャカが「ようこそここへ」と歌いだしたとき、一瞬私は桜田淳子の「わたしの青い鳥」を歌いだしたのかと思った。で、「あ、歌い出しが同じなんだな、この2曲」と発見すると同時に、「ウーチャカ、のどの調子のせいか歌も下手になった?」。
もっとも「わたしの青い鳥」は、レコード大賞の新人賞しか取っていない曲だけれど。
   ウエストランドの応援で爆笑問題が出ていたので録画されたのであろう12月2日の「日10☆演芸パレード」。B&Bが出ていた。昔ごく短期間だけれど、B&Bのファンクラブに入り、ラジオの公開放送に行ったこともあるので、懐かしく観た。私にとっては、当時の洋七さんの、見た目のまん丸な印象は、ウーチャカの印象とちょっと重なるのだが。
太田さんがウーチャカ出演の番組を観るときと同様、ふだんからウーチャカが出る場面以外は早回しする私だけれど、今のB&Bの漫才は、うちのビデオで言う「早見再生」で観ると、ちょうど当時の漫才のスピードと同じくらいのような気がした。
 漫才はおもしろく、そのあとふたりの話す、人気絶頂時のエピソードも興味深かったけれど、なかでも、舞台でなるべく長い時間漫才をやっていたいというので、持ち時間が過ぎて、マイクを取られてもマイクなしで、緞帳を降ろされても緞帳の前に出てやり続けた、という話が印象に残った。洋七さんの話だから、「嘘?」とも思うのだが、隣りの洋八さんが「そうそう、前に出てね」といったふうに同調してたから本当の話か。だとすると、太田さんでも今はそんな型破りなことはしないかなあ、などと思った。
 確か、爆笑問題が干されてウーチャカがコンビニで能力を発揮しすぎて?漫才に戻らないのではないかと危惧されたとき、太田さんの相手を誰かに変えるつもりは無かったか、という質問に太田社長が、「ある程度人気が出たコンビは相方を変えると受け入れられない」といったようなことを答えていた。洋七さんは、相方を何度も代えている人だけれど、やっぱりうまくいかなかったなあ、と今回洋八さんとの漫才を見ながら思ったものの、でも、東京進出までは、のりおよしおのよしおさんと組んで賞などももらったらしいから、全国的人気でなければ相方変更もだいじょうぶなのかな。
   2008年8月3日の「日曜サンデー」を聴いていると、この頃は太田さん、ニュースの時間に「ななちゃーん」などとニュースキャスターの人に声がけしてたんだなあ。ニュースの人に呼びかけるのはまずい、ということになったんだろうか?
一方、交通情報の「おみごと!」はまだ始まってない。
  2008年8月3日「日曜サンデー」より、好きな季節と月についてのウーチャカの発言と冷たい友近さん(笑)。
 「一時期夏は嫌いだったよ。それは、10代の半ばぐらいまで。高校3年ぐらいからだんだん夏が好きになって、夏が1位。ただ、月で言うなら、1位が5月。5月が1位なんだよ、2位が7月。」
 友近さん「知らんわ、そんなん。」 
 今まで好きな季節と好きな月についてブログ書いていなかったとは。 月の3位と季節の2位、3位もどっかでしゃべってるに違いないのだが・・。
  今日2008年8月3日の「日曜サンデー」を聴いていたらなんと太田さんが、「加山雄三さんと共演したとき、加山さんの持っている船を「万景峰( マンギョンボン)号」とボケたら、加山さんが爆笑してくれた。」と言っていた。
昨日のブログで「爆笑とは、大勢が大声でドッと笑うことだった」と書いたところだったので、「わ、びっくり」。大勢で笑うことだから、主語が単数になるのはおかしいということになる。まあ、まわりの人と一緒に、という意味にとれないこともないけれど、ちょっと無理があり、太田さんも、少なくともこの時点では「爆笑」の意味を取り違えていたのだろう。私が間違えていたのも無理は無い?
// ホーム // 次のページ >>