好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

   昨日の「たまむすび」の「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!」は太田さんがゲストで、おすすめは「真夜中のカーボーイ」だったけれど、話の中で、太田さんがよく言う、「ダメな人間でも生きてていいんだ!って思わせてくれる」というセリフがまた出てきていた。「タイタンの妖女」など、太田さんが好きな作品を紹介するときによく出すフレーズだけれど、そのたびに「なんだよ、ウーチャカには「俺がおまえだったら自殺してる」とか言うくせに」と反射的に思ってしまう(笑)。まあ、本当は、「ダメな人間でも」と思っている太田さんだからこそずっと、ウーチャカといっしょにやっていけるんだろうけれど。もちろん私にとってのウーチャカは全然「ダメ」じゃないけど。
  昨日書いた千原ジュニアさんの番組では、もうひとつウーチャカのエピソードが語られていた。「ウーチャカ、ふだんもやはりしくじっていたのか!」という類の話であった。
 「笑っていいとも!」でのリハーサルか何かのとき、鈴木福君が、フィンランドに行くというジュニアさんに「じゃあ、サンタクロースに会ったら、クリスマスプレゼントのお礼を言ってください。」と頼んだそうだ。
そのとき、いつもの調子で騒いでいた太田さんが福君に、「福、おまえ〇〇と〇〇したのか!」といった、とんでもないことを福君に言ったので、みんなが「太田さん、なんてこと言うんですか。」と突っ込む中、ウーチャカも突っ込んだらしいのだけれど、そのセリフが「おまえ、サンタを信じてるとか言ってる子にさあ、そんなこと言うんじゃんねえよ」。
 ジュニアさんは、ウーチャカを隅に連れて行き、「福君の前でそんなこと言ったらサンタがいないことがわかってしまう」とたしなめたのにウーチャカは、「気づいてねえよ。」という反応だったとのこと。
でも、そのあと福君は指原さんに、「ねえ、サンタクロースってほんとはいないの?」と訊いていたというのだ。
 最後の、福君が指原さんに訊いた、というのはもしかしたらジュニアさんが話を盛ったのかなあ・・・と?若干疑っている私だが(笑)、もし事実だとすると、その場ですぐ「え?サンタっていないの?」とウーチャカに訊けなかった福君の心情を思うと、ウーチャカのことがさぞ怖いことを言うおじさんに見えたんだろうな、と思わざるを得ない。
 いかにもウーチャカがやりそうなことだあ!
  千原 ジュニアさんがテレビ番組で、爆笑問題のふたりは「ファンタジーを信じないというスタンスでやっている」と話していた。たとえば、双子の姉妹がまったく離れ離れに暮らしていたにもかかわらず、子どもに同じ名前をつけていた、などという話を聞いてみんなが驚いている中、「まあ確立的にはありうるよ。」と冷静に言う人がいるが、爆笑問題はふたりともそういうスタンスだ、という話だ。私は、爆笑問題がそういうスタンスだからこそ好きだ、という面があるのだけれど、ジュニアさんは、「太田さんはいいとしても、田中さんはみんなと一緒に不思議だね、と騒ぐスタンスでいいじゃないか。」と、ウーチャカのことはお世話になってるし好きだけど、と前置きしながらも言う。でも、それは無理、とウーチャカファンには思える。ウーチャカは、ある面太田さん以上に冷めていると思うから。 野球に関しては、妙にドラマチックなことを好むことがあるけれど、だいたいにおいて、特にテレビ番組では「感動的なストーリー」みたいなことに関心なし、に見える。頑固だし。だからこそ、ストーリー性の無い「数字が偶然揃った」みたいなことは面白くてしょうがないのかな。
 
 昨夜の「カーボーイ」は、キンタローさんがゲスト。
爆笑問題の出ているテレビ番組しか観ないうえに、「空とぶ爆チュー問題」は観られない私は、「サンデージャポン」でちらっとキンタローさんを見たことがある程度で、しかもAKB48についてもほとんど知らないのに、ラジオでもじゅうぶんキンタローさんを楽しめ、キンタローさんの才能はすごいんだなあ、と思った。
 でもそれ以上にありがたかったのは、「爆笑問題」の名前の由来に関する話が出たこと。この話題は以前よく出ていたが、太田さんがまじめに答えるわけもなく、いったい何が正しいのかわからずにいた。確か最初にネタを舞台でやることになったとき、名前をつけることなど忘れていて、「名前が無くてはダメだよ」と言われ、考えた、というのは聞いたことがあるけれど。だから、「いろいろ(太田さんが名前の由来について嘘を)言った中で、何がいちばん近いんですか?」というキンタローさんの質問は私にとってはお手柄だった。
「「爆笑問題」とつけた、たいした理由もきっかけもなく、太田さんがいろいろ考えて漢字4文字であまり無い名前にした」というのが正解らしい。だが、昔太田さんが言っていた、その頃あった雑誌の「問題小説」が頭にあって「問題」ということばを使いたかった、というのも嘘なのかな?嘘なんだろうな・・。

 
  前に書いたもののあやふやだった、「カーボーイ」の「すごいぞ田中首相」のコーナー。
 2004年4月27日に新コーナーとして告知されているが、なぜか次週5月4日の第1回目からコーナー名が「すごいよ田中総理」に変わっている。
まさに「太田総理より前に田中総理」だったわけだ!「田中総理」は3回くらいで終わったが・・。
 
<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>