好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

  前々からブログにちらほら書いていたのだけれど、「日曜サンデー」が、太田さん、江藤アナ、場合によってはスタッフともども「ウーチャカいじめ」というか「ウーチャカ突込み」体制で進められるパターンが多いが、あまり面白くない(笑)。いや、私がウーチャカファンだということを差し引いても・・。
 江藤アナはお笑いの人ではないから、ウーチャカへの突っ込みをやってもおもしろいと思えないのは仕方ない。とくに回数を重ねると。それだけに、江藤アナの印象がよくなくなる感じ。
ウーチャカと1対1でしゃべっている場合ならまだよいのかもしれないが、太田さんは当然ウーチャカ攻撃だから、「太田さん側につく人」という印象にもなってしまう。「黒い」「悪い」という印象が無い江藤アナは、元々突っ込みは似合わない気がしている。 
むしろ、ここ1、2週で出てきた「前はAKBに夢中だったのに、AKBの話題が出てきても全く反応しなくなった、わかりやすすぎる」とか「小倉百人一首がテーマでみんなでずいぶんその話をして来たのに、以前競技カルタにまで参加していたことを黙っていた」とか、前々から話題になっている「いろんなことに首を突っ込むが(料理教室etc)「ちょっと」かじって終わる」といった江藤アナのキャラクターを爆笑問題のふたりが突っ込んだほうがおもしろいように思う。そうなればふたりは突っ込み加減、突っ込み方、パターンもいろいろあるのだろうから、江藤アナの印象もよくなりそうだし、何よりもウーチャカファンも嫌にならない(笑)。
   たぶん前にも聞いたことがありそうだけど、初めて聞いたような気がするし、また忘れそうなのでメモしておくウーチャカの若き日の恋愛の思い出。5月14日の「ストライクTV]より。
 18,9歳のときウーチャカは好きな女の子を電話で映画に誘った。映画には一緒に言ってくれたけれど、告白したら振られた。そのときの映画は「インナースペース」。
 5月14日の「ストライクTV」での、なにげない会話なんだけど、覚えておきたいのでメモしておくふたりの会話。
ウーチャカ「(前の奥さんとの結婚のとき)結婚式はしなかった。ふたりともあんまりそういうことが好きでなかったから。」   
太田さん「(ウーチャカが結婚式をしなかったのは)俺の真似なんですよ。」                   ウーチャカが否定するも、「無意識に俺の真似をしてるんだ」などと言い張る太田さんに、  
ウーチャカ「そうやって一生誤解してろ!」
  5月21日の「ストライクTV」でウーチャカがしゃべっていたエピソードから思ったこと。
 いままで何度か聞いた話だけれど、28歳のときパチンコ屋さんで22歳の店員に「君いくつ?」と、未成年だと疑われた話。このときウーチャカは「君はいくつ?俺より6つも年下じゃねえか!俺はこの店の開店した日にも来たんだ!」と怒ったそう。
 もうひとつの話も1,2回聞いたことがある話だけれど、若いマネージャーに「伊勢丹の地下で和菓子を買ってきて」と頼んだら「伊勢丹に和菓子屋さんはありませんでした。」と帰って来た、という話。で、ウーチャカは、「伊勢丹に和菓子屋が無い?だとしたらニュースだよ!テレビでニュース速報やってる?」と、キレて、マネージャーも「絶対無かった。命を掛けてもいい。」みたいなことを言い返し、結局はマネージャーに電話で伊勢丹に問い合わせさせ、もちろん和菓子屋さんはたくさんある、という答えだったのでもう1回行かせた、という話。
確かに、特に2番目の話などひどい話で、ときどき「タイタンのマネージャーさんってどうしてこんな仕事ぶりなの?」と今までも正直不思議に思う話が他にもあったが、そうは言っても、ウーチャカも皮肉っぽ過ぎるかも(笑)。 
 最初のはウーチャカも若いときの話とはいえ、「見かけで未成年に見えても決めつけちゃダメだよ。」と諭す、とか、2番目のマネージャーの話にしても、帰ってきた時点ですぐ「それはありえない。伊勢丹に電話してみろ。絶対に和菓子屋はあるって答えるから、もう一度即言って来い。」ともっとストレートに言うとか・・。まあ、もしかしたらいくらかつくり話なのかもしれないが・・。
                                                                             
  昨日夜の「カーボーイ」の「ど忘れクイズ・ヒントが雑!」のコーナーで、ウーチャカのひさびさとなる作詞作曲の新曲発表が?!
 第1ヒント「声が高い」、第2ヒント「ちょっとイラッとする歌い方をする人」というヒントを出され、さんざん高い声で、
「さらば青春走り去った日々~」「私のことを忘れないで~」「私の声を聞かせてあげようか~」「なぜあなたは来ないの~」「陽だまりの中で私を抱いて。なんでこんな別れが来るの~」などと自分で好きに作詞作曲したメロディーと詞を断片的に披露してくれたウーチャカであった。
 これらの勝手な?歌を歌いながら「高い声」の人を当てようとしていたけれど、なかなか当たらないウーチャカだった。第3ヒント「ラジオの歌を歌ってる」で正解の「徳永英明」さんが当たった。
<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>