好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

 またまた太田社長のTwitterで知ったのは、ウーチャカがオニオンチキンカレーが好きだということ。あれ?でも、これ、太田(光)さんも好きで、「俺が食べるんだからおまえはオーダーしちゃダメ」と言われると話していたことがあったっけ?
 それにしても、さっき太田社長のTwitterを読んでいてつくづく思った。太田社長が太田(光)さんに送るのと同じくらいのラブコールを送ってくれる人と結婚できたらいいのにねえ、ウーチャカ・・。
  「浮世絵 Float World-珠玉の斎藤コレクション」という展覧会に行ったら、歌川国芳の「流行猫の戯猫」という、歌舞伎役者を猫で表現した浮世絵が展示されていた。この人は無類の猫好きで、この作品も猫を抱きながら描いたらしい。背景も、植物の葉っぱを猫の好きな干物で表現したりしていて、「おもしろいなあ~」と、もちろんウーチャカを思い出しつつ見ていてふと、数年前に買った手ぬぐいを思い出した。
 帰宅して確かめてみると、買ったときも、単にウーチャカのことがあったから「おもしろい、猫がいっぱいだ。」と、これを選んだだけだったので、この絵柄がどういうものなのか調べもせず持っていたのだが、やはりこの歌川国芳の「飼好五十三疋」という浮世絵の図柄を一色刷りで手ぬぐいにしたものだった。
 猫好きのあいだでは(猫好きでなくても?)国芳は有名なのだろうか。うーん、ウーチャカのファンでいると勉強になるなあ!

猫2
 先週に引き続き、昨日の「カーボーイ」では、またふたりの、まあ少なくとも私から見れば「じゃれあい」を聴くことができた!
 マネージャーの八木さんが、チーズが苦手なのにピザは好きだというのが納得できない、という話から太田さんが、「イチゴが世界一好き」と言い始め、それに対し、「おまえはくだものの中では桃がいちばん好きなはずだ」とのウーチャカの発言があったので、「あ、ひさしぶりにメロン桃論争か?」と思ったら、そのときはそれで終わってしまい、「そうだよね。もう今さらあの論争はしないよなあ。」という気持ちでいたら、そのうち6月19日のカーボーイでも出た、ウーチャカが太田さんに好きなお菓子を勧めに来ることについて、太田さんの「やめてくれ。もう俺たちはそんな仲じゃないはずだ」発言が始まって。
 太田さん「おまえさ、何なのあれ。ほんとに困るんだよあれ。タイタンライブのネタ終わった後、マンゴープリン。俺はもう今日の反省とかしてるんですよ。あそこは噛んだな、とか。そういうときに、俺に勧めても俺はいい顔しないのをもういい加減わかってくれ!俺はおまえから勧められたものは、「おいしいね、ウーチャカ」っていうふうにはならないよってことをわかって欲しいんだけど!」
 ウーチャカ「言わないのはわかってんだけど、心には響くかもしれないと思うんだよ。」
 太田さん「「光さ、ちょっとさ、これなんだけどさ」っていう感じで。ちょっと待て。俺とおまえの関係ってそうじゃないよね、みたいな。話したくないし、おまえと。」
 ウーチャカ「このあいだもラジオで話しましたよ、確かに。このジャンクで話しましたよ、直後に!なるほどってわかってますけど、もう1回言うけど、世界一うまいと思うものに巡り会ったんですよ・・。」 
 太田さん「いや、申し訳ないけど、俺、別にそこまでお菓子・・。」
 ウーチャカ「そんな太田さんの心にもこれは「んっ!?」っていうね、感じになるんじゃねえか、という・・。」
 太田さん「別に俺じゃなくてもいいじゃん。他にいっぱいいますよ、スタッフ。」
 ウーチャカ「そりゃ、太田さんは30年のつきあいの人ですから。「昨日のたけしのオールナイト聴いた?」からの・・。(笑)」
 太田さん「いや、もうそういう関係じゃ無いの!」
 ウーチャカ「「あのネタおもしろかったよね?」って・・。」
 太田さん「もう、そういう時代は終わったの!」
 ウーチャカ「「サザンの新曲いいね!」・・。」
 太田さん「確かにいい時代でした。あの頃俺たち仲よくてな。」
 ウーチャカ「そうそう。」
 太田さん「僕たちもう、素直にお菓子のおいしさを「おいしいね」って言い合える関係じゃないですよ。ただ、おまえは、俺が納得することで、よけい自分が納得できるんだよね。」
 ウーチャカ「それはあるよ!それは大学の頃から同じだよ。たとえば俺がおもしろいと思った映画を太田さんに勧めたとする、「あ、おもしろいね、確かに」って言われりゃあ、「あ、やっぱり合ってたんだ」って。」
 太田さん「つまりおまえは自分のために俺に納得させたいんだよ。」
 ウーチャカ「(笑)ただ、お菓子に関しては太田さんはそこまでウエイトは占められていない。スイーツに関しては最近だったら田中みなみのほうが・・。」
 太田さん「(笑)えーっ!だったら俺だろう。田中みなみ?」
 ウーチャカ「いや、田中みなみはね、知ってんだよ、むかつくくらい。実はマンゴープリンも知ってたんだよ。」
 太田さん「田中みなみじゃないよ!!俺だよ!!俺!!」
 ウーチャカ「田中みなみは、知って・・。」
 太田さん「俺!!!」
 ウーチャカ「(笑)いや、映画とか本だとか歌だとか、そういうものだったら圧倒的に太田さんだよ・・。」
 太田さん「スイーツもそうなんですよ。だから俺はおまえはメロンは好きじゃないっていうことを言ってるんです。メロンは他人の評価によっておまえは好きなだけなんです。美味くないんだから、あんなものは!」
 ウーチャカ「俺がメロン好きなのはほんとだから!」
 太田さん「おまえはメロンが好きなはずが無い。」
 ウーチャカ「いや、太田さんは俺のことそこまで、100%は知らない。」
 太田さん「おまえこそ俺のことを知らない!」
 ウーチャカ「・・もうさ、やめようよ、48歳にもなって・・。」
 太田さん「(笑)」
 ウーチャカ「毎週毎週(笑)」
 (中略)
 太田さん「俺たちの関係は最初は仲よしでした。そういう時代もありました。でも、もうずいぶんいろんな関係になってきてますよね。もうおまえが好きだと言った時点で好きなものも嫌いになるという話もしてますから。」
 ウーチャカ「それがいやなんだよ。でも、たまに覆ることがあるから、それに期待したいんだよ。」
 太田さん「だから、それほどお菓子に威力は無い!おまえのほうが大きいんです、俺にとっては。お菓子より。おまえの存在のほうが大きいんです!愛の告白みたいになってますけど(笑)」
 ウーチャカ「ハハハ!(笑)」
 太田さん「おまえに対する関係は、お菓子ごときじゃ覆らないんですよ!お菓子が自分を超えてると思ってますか?大間違いです!!あなたのほうがすごいです!!」
 と、最後は愛の告白でした(笑)
 太田さんは「俺はウソはつかない。」と言い、たとえばウーチャカが猫を飼っているから猫は大嫌い、と言ったところでそういうのは、実際は太田さんも猫を飼っているんだからバレバレの嘘で、そういう類の嘘しかつかないと言うんだけど、それでいけばやっぱり「ウーチャカが嫌い、ウーチャカが好きなものは嫌い」と言ってもコンビ組んでるんだもんね。
 太田さんにはやっぱり、太田さんの答えによって自分の好みを納得させるような人間がそばに必要なんだ、という意味でもウーチャカが必要で、大きい存在なのでした。
 一方ウーチャカは一見「光、光」とまとわりついているように見えて、実はその目的は「自分を納得させるため」で(笑)、結局自分がとっても大事、自分大好きなのでした。
 ウーチャカにとっての太田さんの存在は、太田さんにとってのウーチャカの存在ほどは大きくないかもしれません(笑)
 メモしておかなければいけないことを落としていた。
 「日経エンタティンメント!」2013年3月号より。「タレント別総獲得視聴率ランキングトップ30」で、ウーチャカ8位。嬉しいのは10位の太田さんより上だってこと!
 太田社長のTwitterに、ウーチャカが「モンスターズインク」の日本語版吹き替えを射止めた経緯が書かれていたので、メモさせてもらおう。
 以前「カーボーイ」でも、太田さんがちらっと「たなチューが決め手になった。」と話していたけれど、社長がオーディションに、ディズニーの方のアドバイスで、爆チュー問題の素材を送ったところ、「可愛くない!」という理由でバカウケだった、ということだ。
 
<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>