好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

 昨日の「カーボーイ」のオープニングでは、久々の大じゃれあい大会を満喫できた。毎度おなじみ、「太田さんがミミズや虫を探してウーチャカをおびえさせる遊び」にまつわる話である。場所はこれまたおなじみのNHKでのロケ現場である。
ウーチャカ「また太田さんが始まったんですよ・・虫。ね。ミミズ探し。もう、あのロケのときのおまえのめんどくささ。」
太田さん「おまえだよ、めんどくさいのは。」
ウーチャカ「俺はめんどくさくないだろ。」
太田さん「おまえが全然定位置につかないんだろ!」
ウーチャカ「おまえが!手の中に何か持ってるから・・。」
太田さん「だんごむし。デカかった、相当!」
ウーチャカ「ほんとやめて、あれは!ああなっちゃうと俺仕事ができない!」
太田さん「我慢すりゃあいいじゃない。」
ウーチャカ「我慢できないからやるんだろ。逆に俺があれで無視してたらやらないんだろ。」
太田さん「じゃあ無視すりゃあいいじゃん。」
ウーチャカ「できない!できない!無理無理無理!・・・ああいう外のロケの、虫とかいるようなところで、おまえが下とか見出すと、俺はほんとに、もうそっちに釘づけになっちゃうから。」
太田さん「それでもちゃんとやるのがプロだよ。」
ウーチャカ「いやいやいや、そうじゃないですよ。プロならおまえがそういうことをやらない。」
太田さん「俺が何をやっても、おまえがちゃんとやるべき!それがプロ!」
ウーチャカ「だいたいね、仕事してんだから。おまえは、虫を採るのが仕事じゃねえんだよ!」
太田さん「虫を採るのは空き時間ですから!そのときは何やったっていいんですよ!カメラが回ったら僕はちゃんとやってますから!」
ウーチャカ「カメラが回ってないときも仕事の一部です!」
太田さん「あなただって空き時間に水飲んだりするでしょ、それと同じですよ!」
ウーチャカ「熱中症になっちゃいけないから水を飲むのは仕事です。でも、太田さんが虫を拾うのは仕事じゃないから!」
太田さん「カメラが回っていないときに俺が何やろうが自由です。」
ウーチャカ「でも、俺が怖がるじゃん。」
太田さん「知らないですよ。」
ウーチャカ「(笑)知ってるだろ!」
太田さん「知らないよ!俺はミミズを取りたいんだ!」
ウーチャカ「おまえは加藤コミッショナーか!知ってるだろ!統一球知ってんだろ、統一球!知らねえとは言わせないって話だろ!」
太田さん「知りません!知りません!!僕はミミズを採りたいがらめに仕事をやってるんですから!」
ウーチャカ「(笑)もう、じゃあ解散だね。」
太田さん「ハハハハハ・・。」
ウーチャカ「俺がミミズが採りたいがために仕事をするような人と組めるわけが無い!(笑)」
太田さん「他の事は全部我慢してんだからさ、ミミズぐらいせめて許してよ。」
ウーチャカ「何を我慢してるんですか。」
太田さん「おまえが突っ込みを間違ってたりするのを我慢してるんだから・・。」
ウーチャカ「ちょっと待って、そんな重たい話?よけい突っ込まなくなるよ、ミミズなんて採ったら。」
太田さん「マイナス志向だ。」
ウーチャカ「俺はミミズが怖いだけなんだよ!」
太田さん「俺はミミズが採りたいだけなんだよ!」

 なお、翻訳すると、
太田さん「おまえをからかいたくてしょうがないんだよー。」 
ウーチャカ「わかってるよ。しょうがないなあ。もう。」 
で終わる会話だと思うが。
 この日のディレクターがカーボーイリスナーで、ふたりのこの有名なくだらないやりとりを知っている人だったので喜んで、「カーボーイリスナーとしてはずっと見ていたいんですけど、でも、カメラも回さなきゃなんないし・・。」と言っていたそう。羨ましい!
// ホーム //