ファンである田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカのファン。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

 22日の「日曜サンデー」の「ここは赤坂応接間」のゲスト、大貫妙子さんが話している途中でウーチャカの声が大きくて、「耳が破れそう」と言ったのにはちょっとドキッ。
というのも、2014年6月7日号の「TV.Bros」に載っていた岡村靖幸さんとの対談で大貫さんが、テレビのバラエティは声がうるさいので見ない、最近のタレントは声が高いから、と言っていたから。
でも、「日曜サンデー」のこのときは、その言葉を受けた太田さんの、「 がさつでしょ、こいつ」と言ったのに対し、「違う、違う。声が大きいから、やっぱりステージに立ってしゃべる人はすごいなと思って。」と大貫さんは言ってくれてたし、ブロスの記事でも、「音が大きい」というのと「うるさい」というのとは違うんですよね、とあくまでも声が甲高いことが嫌そうだったので、ウーチャカの声が「うるさい」と思ったわけではない、と言っておこう!
 今日の「日曜サンデー」の最初の自己紹介、「爆笑問題の田中裕二です。」「 B七輔です。」 
今日のアシスタントは外山恵理アナだったから、当然「B七輔」は、「永六輔」を、もじったボケで、誰でもわかるボケだったのにウーチャカは何のことだか分からず、のっけからさっそく太田さんに怒られた。
太田さん「勘が悪い。おまえ、もう漫才師やめたほうがいい。」
ウーチャカ「1個間違えただけじゃない・・・」
太田さん「1個だけじゃないィ!!1個だけじゃないィ!!」
ウーチャカ「(笑)」
そのあとしばらくしてからも、
太田さん「もう、一度やったボケだけをやることにしますよ。(突っ込みがわからないようだから)」
ウーチャカ「そんなことしないでください、もっとのびのびとやってくださいよ。・・・BっていうとAKBとかB21かな?とかそっちに・・・」
太田さん「言い訳が多い!」
いろいろあっても、この無邪気な?やりとりがあれば安心するよ・・。
 気になって太田社長のTwitterを見ているけれど、タイタンの社員の方に励まされて少し元気になられたようで何より。前にもちょっとブログに書いたのだけれど、多くの人に喜びを与えることができる人というのは、特別な人で、羨ましくもあるし、また大変でもあると思う。私はこの10年以上日々ウーチャカに日常の中で喜びや笑い、楽しさをもらい続けている。つまりは、太田社長からももらい続けている、ということだ。それに、太田社長がいなかったら、特にコアなお笑いファンでもない私がウーチャカに出会うことはできなかっただろう、と思うとある意味恩人。感謝することと、元気になることを祈ること、あとは、いくらかの対価を払うことくらいしかできないけど。
 24日夜の「カーボーイ」オープニングでは、ウーチャカがセブンイレブン、ファミリーマートの100円のアイスコーヒーがおいしい、アイスコーヒーにはガムシロ、ミルクを入れていたけど、これは何も入れなくてもおいしい、革命的と絶賛。
すると珍しいパターンで、しばらくしてスタッフの人がTBS内のセブンイレブンでそのアイスコーヒーを買ってきた。太田さんが飲んだ。「大げさなんだよ、おまえは!」「そこまでじゃないでしょ。」等々、下手すればまたお説教か?と思っていたら。太田さん、ひと口飲んだとたん、「ああ!」。そして次の瞬間大笑いを始め、「うまいねえ!今までに無い感覚・・・」と絶賛。
 二人は正直に話しているだけだと思うけれど、「ウーチャカがほめるだけ」、「太田さんがほめるだけ」、「ウーチャカほめて太田さんけなす」、いろいろパターンはあるが、この「ウーチャカに勧められ、太田さん試してみて大同意中継パターン」がいちばん宣伝になるだろうな。
 24日夜の「カーボーイ」の「怒りんぼ田中裕二」のコーナーでも、「おもちに飽きたとき、いろいろアレンジして食べるという話には腹が立つ、おもちはやっぱりおもちとして食べたほうがおいしいよね!」というメールにウーチャカ、太田さんとも苦笑いしたり突っ込んだりしていて、やはりこの、「全然ふたりとも腹が立たないどころか、なんでそんなことに怒るのか笑ってしまう」パターンは面白いな、と思った。
メールを読んでいるあいだじゅう、ふたりしてクスクス笑ったり、我慢できず「ハハハハハ」と笑い出してしまったりする雰囲気も、メールを読み終わったとたんに太田さんも大笑いし始めるのも楽しい。
// ホーム // 次のページ >>