好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

ここのところつい探してしまう、毎年開かれているらしいウーチャカ誕生会。今年も、無事ブログをみつけて、勝手にホッとした私であった。いつだったか、この誕生会に、「山口もえさんを誘ったけど断られたんじゃないですか?」と太田社長に言われていたウーチャカ。確かにこの誕生会には参加している様子はないが・・。
これまでも、なぜか急に冷たくなるウーチャカのことを書いたことがあるのだけれど、今日の「日曜サンデー」久しぶりに、冷たげなウーチャカ、を感じた。
「サンデー競馬小僧」では今、江藤アナ、爆笑問題の3人ともにキャリーオーバーがある。誰かにキャリーオーバーがあるときには江藤アナがそのことを説明するのだけれど、その際たいていウーチャカは、「これ、太田さんを選ぶとすごく得ですよ!」などと、あいそよくあいづちをうつ。
ところが25日の日は、江藤アナが「太田さんに8700円、私に6300円、田中さんに14万500円キャリーオーバーがあります。」と説明すると、「ま、お得はお得ですね。」と冷たく言い放った(笑)。
それだけなら、14万もあるウーチャカの照れ隠しかなーと思って聴き流したのだけれど、そのあとこの日の電話での参加者が、江藤アナを選ぶか太田さんを選ぶか迷っていたところウーチャカが、「もう選んでください、時間無いんで!」と発言。そのあとのやりとりを聴いていても、いつもに比べてそんなに切羽詰って時間が足りないようには聴こえなかったのだが。
このコーナーに出る人、けっこう迷う人も多く、週によっては聴きながら「わー、時間大丈夫なのかなあ。」と思いつつ聴いていても、ウーチャカはほとんど「時間が無い」と急かさないし、何よりその言い方がかなり冷たかったので、(言った直後フフッと笑って自分でフォローしてた位)「どうした、ウーチャカ?」と思いながら聴いていた。迷ってるところを突っ込んで笑わせようとしてたのかなあ?
この日は、ウーチャカは鼻声だったので、それも心配しました。
20日夜の「カーボーイ」で、高橋ジョージと三船美佳さんの離婚にまつわる話にからめて、またウーチャカの、結婚生活を匂わすような発言があった。以前のブログで、「女の人は、不満を言って直してくれても嬉しくない、自分で気づけってことで、言われて直してももう遅いんだろうね。」というウーチャカの話について、まあまあわかってるじゃん、と上から目線でほめた私
今回ウーチャカは、「女の人は言わないんですよね。小出しにその都度言って解決すればいいのに。」と言っていたのだけれど、いやいや、確かにはっきりは言われてないのかもしれないけど、けっこうさりげなく言ったり態度に表したりしているのに気づかなかった可能性もあるのでは?
やっぱりウーチャカもまだまだだね?
でも、「顔色が悪かった」「かわいそうで」と、二人が話す高橋ジョージさんの様子を考えると、発表まで離婚を悟らせなかったウーチャカはやはりすごいよ・・。
3年前に、「ニッポンの教養」の、ゲテモノを食べる、という企画の際に、爆笑問題が終始一貫拒否反応を示したのはチャレンジ精神を失ったベテラン芸人に見えた、と新聞の番組紹介記事に書かれていて怒った私だけれど、17日の「伊東四朗・吉田照美 親父熱愛」で、伊東四朗さんは、「普通食べないような変わったものは食べない」と、ゲテモノは(たぶん番組でも)断固食べない様子であった。
喜劇界の尊敬すべきベテラン伊東四朗さんだって、ゲテモノは食べないのだ。80歳近くでなお、いろいろな仕事に精力的な伊東さんに「チャレンジ精神を失った」と言えるのか?!
チャレンジ精神とは、そういうところに使うことばではないのだあ!
20日の「カーボーイ」での、昨日書いたウーチャカの性格についての話の流れで、大学時代のふたりの話になっていったのだけれど、誰かが授業中ちょっとウケるようなことを言うと、ウーチャカと太田さんのところに来て「あいつ授業中面白いこと言って、女の子にウケてたらしいよ。」とチクってくる人がいて、そうすると、ふたりで「なにィ?それは何とかしなきゃ!」みたいなことになっていたらしい。どんなふたり組だ!
最近になって、やっぱり大学時代からふたりは特に仲がよかったし、目立ってたんだな、と感じる話が多くなってきた気がする。
<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>