好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

昨日山口もえさん出演の「ゴゴスマ」を観てウルウルきている私だけれど、勝手にこんなことを想像した。
ウーチャカは行くべきところに行った、ということだ。
ウーチャカは、自分で言っていたように(!)マスコット的人気はあるけど、男としての色気があるかというと、これは私も否定せざるを得ない(涙)。だから、女性を、ムードを演出してカッコよく誘う、なんていうことはできそうにない。ウーチャカは相当の聞き上手だと思うし、聞き上手の男性はモテると言われるけど、まず男性として見られないから、なかなかその聞き上手の能力も発揮できなかったかも。
でも、今回のもえさんは、最初から子どもと一緒だったし、まだ傷ついている時期だったから、男性的なことよりも、人間的なもの、家族的なものを初めから求めていたのでは?そうなると、そこは、逆にウーチャカの、男を感じさせないところ、聞き上手なところが魅力として輝く場だったのではなかろうか。
そして、これもウーチャカが自分で言っているけど、「人の誘いに気軽について行く人任せの人生」(by「クィック・ジャパン 19」・・・古いけど。1998年出版だから、ちょうどもえさんを可愛い、売れる、と言ってた頃のものだ!)で、今回もそんなところがあったのかもしれない。
「人任せ」って、ダメ人間ぽく思えるけれど、相当楽天的で度胸が無いと無理だと思う。しかも、それでウーチャカはここまで成功しているのだ。何が言いたいかというと、今回みたいな場合、ほとんどの人は、子どもが二人居る、ということでごく初期にあきらめるか、悩んでしまうのではないか。でも、ウーチャカはほとんど悩まなかったのではないか?いつものようにわりとホイホイ突き進み、それで成功するのだ。まさにウーチャカの行くべき道を行ったのだなあ・・・ということだ。
// ホーム //