好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

山口もえさんが出た「ダウンタウンDX」を観たけれども、つくづくウーチャカの強運、ということについて考えた。強運、というのは運がいい、ということのほかに、「なぜかどんどん新しい局面が開ける」ということがあるんじゃないかなあ、と思った。
なぜかウーチャカの前にはよくも悪くも次々と新しい局面、新しい運命の扉が開く。
今回の「ダウンタウンDX」は、ウーチャカの再婚によって起こった、爆笑問題とダウンタウンの最接近のシーンだっただろうけど、もちろんそれを目的として再婚したわけでもなんでもなかろうに・・。
そんなことを考えていると、太田さんに出会ったことも、コンビを組むことになったことも、ウーチャカの強運人生による新しい局面だったのかなあ、と思い、太田さんが先に死んでしまった場合のウーチャカが用意している?コメント、「俺の夢をかなえるためだけに生きたような人生だった」を思い出してしまうのであった。
山口もえさんが出ている「はま寿司」のCMをテレビで観た。息子役の子役、夫役の俳優と一緒に出ていたけれど、ファンである人が芸能人と結婚して、別の俳優と夫婦役をやってる・・・というのは、別に珍しくないだろうけど私にとっては初めてなので、なんだかヘンな気分だった。
24日「カーボーイ」。「私も福山歌ってみました」のコーナー。
渡辺真知子さんの「かもめが翔んだ日」の替え歌で、「そのとき股間のかもめが翔んだ~」というのがあって、
ウーチャカ「股間のかもめって何だよ!」
太田さん「股間にかもめがいたんだよ」
ウーチャカ「どういうことなんだよ!」
太田さん「比喩だよ」
ウーチャカ「わかってるけど!」
太田さん「比喩だろ、股間のかもめ・・・」
ウーチャカ「わかるよ、別に!いいだろ、楽しく突っ込んでんだから!」
太田さん「ハハハ・・・」
新しいパターンだ!
24日「カーボーイ」。
「無人島に一枚レコードを持って行くとしたら?えっと、俺は大瀧詠一さんの「A LONG VACATION」だと思いますよ。」・・・すごいよ、ウーチャカ。本領発揮だよ。
・・・と思ったけれど、もしかして、「無人島に持って行くとしたら・・・」という質問の前提が普通の人とウーチャカとでは異なっているのだろうか?普通は無人島に行かなくてはならないのっぴきならない状況が生じて、そのとき・・・ということなのだと思うのだが、ウーチャカは「バカンスに行くとしたら」だと思っているのか?
でも、これを言う前にウーチャカ自身が「その人の大事なものが見えてくる質問」「そういう状況になることはまあ無いけど」などと話しているんだから、バカンスと思ってるわけないよね・・。
「寂しいけど、この曲でリゾート気分を味わって・・・」って言ってたし!
とにかく「どんな状況でも楽しむ」ってこういうことなのね、とあらためて勉強になりました!
26日の「伊集院光とらじおと」より。「伊集院光とらじおと旅と」のコーナーで、台湾の「猫好きにはたまらない旅」というのをやっていた際、ウーチャカの名前が出たのでメモ。
レポートした桐畑 トールさんも、猫を相手にするととたんに赤ちゃん言葉になっていたのだけれど、そのとき柴田理恵さんが「爆笑の田中も赤ちゃん言葉になるのよね。」
そして伊集院さんは「田中さん、ここに住み始めるぞ。」
// ホーム // 次のページ >>