好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

20日夜の「カーボーイ」。昔から漫才の練習中も、手で太田さんの肩を叩かないとツッコめないウーチャカ。太田さんの肩が赤く腫れあがったから「やめてくれ「」と言われたのでクッションを叩くようになった。しかし、これも太田さんから「ほこりが立つからやめてくれ。」と言われて自分の手を叩くことにした。ところがこのあいだ練習でツッコんだ時自分の手を叩くつもりが、思い切りテーブルにぶつけ、爪を割り流血騒ぎに。翌日も、ちょっとでも触れると激痛だったらしい。
一方今日ラジオを聴いていたらナイツの土屋さんは、独演会でカミナリの真似をするネタがあって、ツッコミのとき思いきり叩いていたら、力の加減がわからないので腕を痛め「TFCC損傷」と診断されたそうだ。アスリートによくある疾患で、武蔵丸を引退に追い込んだといわれるものだそうだ。
ツッコミも大変だけど、どっちかというと土屋さんのほうがカッコイイね。というより、ウーチャカのはカッコ悪い?
「カーボーイ」が生放送でなくなったのは、ウーチャカが玉を取った時に健康を考えてそうなった、と太田さんはよく「おまえのせいだ」的に言うんだけれど、2000年の5月2日夜の「カーボーイ」ではちょっと違う話がされている。
この時点で既に「号外!!爆笑大問題」の収録がある前日の火曜日は、太田さんが2週分のコラムを徹夜で考えなくてはならないので、太田さんの申し出で隔週で収録になったのだ。
翌日は「笑っていいとも!」があり朝が早く、続いて「号外!!爆笑大問題」の収録があるので、生放送だと3時に終わって4時に局を出て5時に帰宅すると8時には起きなくてはならないので3時間でコラムを考えるのは・・。」と、ウーチャカが太田さんのために一生懸命説明してあげてた。このあと、すべて自分が原因とされるとも知らずに!
19日「日曜サンデー」。
「ここは赤坂応接間」ゲスト江口寿史さんが、ウーチャカの波乱万丈の人生について話していた。
爆笑問題と江口さんは2005年に会って以来12年ぶりに顔を合わせたそうだけれど、「その間に田中さん、離婚して結婚して子どもができて・・・」と。「玉も取って・・・」と加えていたが、これはその前の2000年。でも、「そんな人いないんじゃないの?激動No.1ですよ。」と。
その他にも800万馬券もあるし、「離婚結婚子ども」は12年どころか7年くらいのあいだに起こったことなのだが、江藤アナが「すごいですねえ、確かに。」と気づいたように言っていたのが象徴的で、なぜか「激動の人生を送ってる人」に見えないところがウーチャカの不思議なところ。
人が後ろを向いていても、人だと認識してフォーカスしてくれる機能のあるカメラが発売されたというニュースを数日前、朝ラジオで聞いた。後ろを向いていても、振り向いたとき既に焦点が合っているので便利だというのだが、人じゃなくて猫だったらウーチャカが喜びそうだ。
好みの顔やポーズを登録しておいて近い姿になったら自動的にシャッターを切る、なんていう機能がさらに付いたら、どんなに高価でも買いそうだなあ、と朝から想像してみた。
12日の「日曜サンデー」HPの編集後記にウーチャカがニット帽をかぶっている写真が載っているのだけれど、ニット帽というと即思い出してしまうのは、太田さんが毎週「カーボーイ」のオープニングでお説教と罵倒していた頃に、ウーチャカのニット帽をさんざんののしっていたこと。あの頃は苦しかったなあ(笑)
<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>