好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

  昨日深夜「カーボーイ」は、オープニングで久々に太田さんに腹が立った(笑)
ここのところあまり無かった、ウーチャカへの遠慮ない攻撃が見られたように思った。
もちろん、6,7年前に比べれば、なんでもない攻撃だったが。
 それよりも、きのうのウーチャカの応戦、以前には見られないくらい激しい、というか強いものだったように感じた。
 特に寝坊して仕事に遅刻しそうな太田さんを起こしに行ったときのことを語っていたとき。

 太田さん「(さまぁ~ずが)コンビ組んだ頃に、三村が寝坊して大竹が呼びに行ったんだって。で、窓開けて起きろーつったら、三村がそんな高飛車な起こし方じゃ起きねえっつって・・・」
 ウーチャカ「馬鹿じゃねえの」
 太田さん「…大竹がまたさらに切れて、窓際にあった目覚まし時計とか全部ぶつけたんだって」
 ウーチャカ「あ、そう。おんなじようなことやってるな」
 太田さん「おんなじだよ。」
 ウーチャカ「何だろうね、その気持ち。何なの、あの、どうして起こされてる側は、焦らない?俺、それが不思議なんだよ、太田さんもそうだよ、俺が起こしに行って家まで行って、おい、起きろよ、やばいぞおまえ、寝坊してるぞって言って、普通、え、あ、やべえ、もうそんな時間、やべえってなるんじゃん、普通そうじゃん。あり得ないよね、そこで切れるって」
 太田さん「何あわててんだよ。」
 ウーチャカ「や、何あわててんだよじゃねえよ、三村もその、高飛車な態度は、起こし方はじゃなくて、おまえが高飛車だって話でしょ、一般的に言ったら。どう考えても。」
 太田さん「でもその、なんつーの、言い方が・・・」
 ウーチャカ「言い方なんか言ってる場合じゃないって話でしょ、って言うの!少なくとも怒るとしても、とりあえず起きて、家を出て、仕事場に向かって終わったあとに言うなら、まだ、まだわかる・・・その、まず起きて・・」
 太田さん「でも、人間性がでるんだよ」
 ウーチャカ「だから、出てもいいんだよ、そんなのはもうどうでもいいんだよ、人間性なんて」 
 太田さん「そこなんだよ、重要なのは」
 ウーチャカ「重要かもしれないけど、だからそれは、あとで言おうって話。だから、起こしに行ったら、遅刻すんだから、何で俺が来たか、大竹が来たかっていったら起こしに来たんですよ、まず。人間性がどうのは、あとでも話はできるじゃない、そこで支度して起きないと次行けない」
 太田さん「それは、ほっとけないんだろうね、仕事よりも下手すりゃ、そっちのほうを重要視してるんだよ」
 ウーチャカ「あの、ま、重要視してんのかもしんないけど、立場もあるでしょ、立場とかさ、ね、寝坊した立場、それこそさっき俺が、「うん」じゃねえよ、っておまえが言ったよね、「ごめんなさいでしょ、そこは」っていうのと同じじゃないですか、それは、言ってみりゃ、ね、ごめんなさいでしょ、おまえがする態度は」
 太田さん「いや、だけど、それは、ごめんなさいじゃあないんだよ」
 ウーチャカ「(笑)ごめんなさいだよ、ごめんなさいつって起きるの!あ、悪いつって起きるの!」
 太田さん「おまえに頼んでないっていうの、まずあるよ」
 ウーチャカ「頼んでるよ!俺にモーニングコールを頼んでたのはおまえだ!おまえは俺に起こしてくれって頼んでいた!」
 太田さん「(笑)いや、そこまでしてくれとは言ってない・・・」
 ウーチャカ「そこまでしてくれとは言っていない・・・」
 太田さん「電話はしてくれって言ったけど」
 ウーチャカ「電話はした、終わった、も、何回も電話して起きない・・・」
 太田さん「それはしてくれって言ったけども・・・」
 ウーチャカ「も、馬鹿じゃないか、おまえは」
 太田さん「来て、声をかけるってそこまで俺は頼んでないし・・・」
 ウーチャカ「無いよね、そんなことになると思ってねえから!電話で起きると思ってるからでしょ、それはお互い、でも、非常事態でしょ、電話で起きなかった、何回も、俺の気持ちを考え・・・おまえ、想像力が足んない」
 太田さん「器の小さい・・・」
 このあと、ぐちゃぐちゃ、太田さんは、器が小さくてでかいところへは行けないな、こいつとは、・・・ウーチャカも負けずに、だったら自然に起きろ、モーニングコール頼むな、人に頼んだ時点でおまえも器が小さい・・・


「(起こしてくれるよう)おまえが頼んだんだよ」「おまえのほうが器が小せえ」など、太田さんにさえぎられることもなく(むしろ、太田さんをさえぎっていた)大声で、論理的に訴えていた。適当なところで、「はいはい」という感じではなかった。新鮮だったな。
 
 実のところ、「カーボーイ」を2000年前後(このころは「UP’S」か)から順番に聴く、という作業を数カ月していたのに、太田さんの攻撃があまりにも私にとっては激しく、2003年の秋で止まってしまっていて、太田さんの攻撃とウーチャカの応戦、というのをしばらく聴いていない。
 だから、太田さんが、ウーチャカの離婚後優しくなった、というのは思い違いかもしれないのだけれど、私には、太田さんは、ウーチャカ離婚後、あまりの離婚劇の内容に、優しくなった、というだけでなく、ウーチャカの離婚時の精神力の強さにちょっと関心したか驚いたのではなかろうか、とも思える。太田さんも、ウーチャカが元奥さんから離婚を切り出されてからしばらくは、いっしょにいても気づかなかったのだろうから。
 また、ウーチャカ自身も、この離婚劇で強くなったのではなかろうか。
そんなことを勝手に思った深夜であった。
関連記事
// ホーム //