好きな田中裕二さんのことを1年に365個、つらつらメモします。
検索フォーム

プロフィール

ウーチャカ好き。性別は、女。

ウーチャカランド

Author:ウーチャカランド

今までのアンケート結果

2013.1.10~4.7
質問:「正直なところ、ウーチャカ、太田さんどちらが好き?」
ウーチャカ 119票
太田さん 18票
甲乙つけがたい 16票

2013. 4.8~7.4
質問:「ウーチャカと太田さん、結局どっちがカッコつけてる?」
ウーチャカ 14票
太田さん 57票
どちらもカッコつけてない 7票
両方カッコつけすぎ 2票

2013.7.5~10.16
質問:「ウーチャカは司会進行が上手いと思いますか?」
ファンだから上手いと思ってしまう 11票
客観的に見たって上手い 51票
下手(ちゃんと理由も言えるよ) 1票
嫌いだから下手に見えてしまう 0票
いろいろ考えたが、普通だと思う 7票

2013.10.17~2015.12.07
質問「太田さんのウーチャカへの説教or罵倒中あなたは?」
太田さんの言っていることがほぼ100%正しいのでしかたないと思う 22票
ウーチャカの代わりにいつのまにか太田さんに反論している 32票
太田さんの言うことが半分以上正しいので困ってしまう 17票
ただ悲しい 8票
ウーチャカが平気(右から左)なので自分も平気 124票

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

 昨日は朝から、爆笑問題についての嫌な記事を見て、へこんだ。朝日新聞のテレビ欄に「ニッポンの教養」の紹介記事が載っていて、ちょっと辛辣なことを書かれていたのだ。昨日の「ニッポンの教養」は、「奇食屋台」といって、各国のいわゆる「ゲテモノ」と呼ばれそうな食べ物を紹介することで、場所が変われば食事も変わるイコール文化も変わるのだ、というのがテーマの番組だったのだが、爆笑問題がこれらの食べ物に終始一貫拒否反応を示していたのを指して「そういう役割なのはわかるが、チャレンジ精神を失ったベテラン芸人に見えた」と書かれていたのだ。
 実は、ちゃんと署名入りの記事だったのに、昨日の夕食時の生ゴミをうっかりしてこの記事のある面に包んで捨ててしまったので(わざとじゃない!)、今手元に記事が無く、一字一句正確ではないのだけれど、だいたい合っているはず。 
 とにかく番組を観てみなければ、何も言えまい、と思ったので観てみたけれど、予想どおり見当違いの批判だな、っていう感想。彼らは若いころから、こういうものに関しては特にチャレンジ精神など無いし、観た感じではおそらく、シュールストレミングの場面でとりわけ「チャレンジ精神の無さ」を感じたのかな、と思ったけれど、このブログでも書いたが、シュールストレミングの話を2010年11月9日の「カーボーイ」で話していたとき、珍しく2人そろって本当に嫌そうに話しており、「何もいいことがない」と話している。これはベテランになってから話しているけれど、若いころの体験談ともいえるだろう。 
 だいたい、こんなことでチャレンジ精神があるだの無いだの論じることがわからない。記事には平成ノブシコブシの徳井健太さんが出ていることは載っていなかったから、観始めたとき、「ああ、こういう、若手の人が出ていたことで、比べて言っていたのか」と思ったけれど、若手の人がこういうことにチャレンジ精神旺盛なのはそれはそれで素晴らしいと思うが、ベテランの爆笑問題にそれが無いことでこういう書き方をするのは、的が外れていると感じた。彼らには、もっとほかのところでチャレンジ精神を発揮してほしいし、しているとも思う。
 ただ、ベテランになると、すぐこういう目で見られてしまうのはしかたないのかな。
 しかし、ネコのフンのコーヒーのシーンでは、しっかりウーチャカがチャレンジ精神を発揮していたどころか、喜んでいたではないか!さては、この人も太田さんばかり見ているんだな!よけいとんでもない!
関連記事
トラックバック URL
http://uutya.blog12.fc2.com/tb.php/806-9585d742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //